« 2019年11月 | トップページ

2019年12月13日 (金)

まだまだ残留争いは続く

今年の漢字は『 令 』でした、あなたにとっての漢字は何だったでしょうか?

親父的には『 苦 』だったですかね。病気との戦いがあり仕事をリタイヤし自宅療養、この間撮ったCTでも余り良い結果ではなくこれから先が中々見えず体が病気で大変で苦しいというよりは精神的な苦しさがありますね。

そしてエスパルス関係でも結局今年の参戦はホーム神戸戦の1試合だけしか行けませんでした、行けそうで行けない苦しさ。そしてチームの低迷、これは毎年毎年苦しんでいます(笑)『 苦 』というより×2の『 苦々しい 』だったかもしれません。

さてうちのチームでもボチボチ来季の編成が始まりました。

増田 誓志選手 現役引退のお知らせ

楠神 順平選手 契約満了のお知らせ

水谷 拓磨選手 契約満了のお知らせ

相変わらずまずは離れていく選手達のリリースです。フロントがどの程度チームにメスを入れられるのか・・・当然の事ですがチームが手放してはいけない選手がいる訳で。

その筆頭がドウグラス選手でしょう。『 戦術ドウグラス 』と揶揄し揶揄されましたがその通りであり彼は正しく救世主でした。絶対にどこかの金満チームから魔の手が伸びるでしょう。J2に落ちたならこれはもうプロテクトするのは難しかったでしょうがギリギリではありますがJ1に残った。

どこかで見たが大榎GMが彼に巨額のオファーがあったらプロテクトできないと。サポーターだってそんな事は百も承知。ただGMの立場だったら「何としてでもプロテクトする」って強気の言葉が欲しかったなぁ。来季ドウグラスがいないエスパルスなんて想像しただけでブルッと体が震えるわ。

ここは何としても

Yjimage82kuiu0z

J1残留争いに打ち勝った我がエスパルス。ドウグラスのエスパルス残留争いにも勝たなければならない。

清水エスパルス - サッカーブログ村
 ポチッとな

| | コメント (0)

2019年12月10日 (火)

腹芸ができぬGM

コメントいただいてる皆さん、相変わらずレスできず申し訳なし。しっかりコメント読んでるもんでまたお願いします。

やっとこさで残留を果たした我がチーム、これからは21日天皇杯準決勝神戸戦に向けさあ練習だと思っていたら・・・スケジュール見たら日曜日から水曜日までオフだった。

さてリーグ戦が終わった時点で大榎GMが

【清水】篠田善之監督、解任か 大榎GM「洗い直す」

報道陣に篠田監督の続投は明言できないと。監督解任の場合は5人くらい監督候補をピックアップしてると明言。

その後

【清水】篠田監督、3時間会談も結論出ず 来季去就白紙…フロントは新監督招へい案も

>篠田監督はこの日、解任の可能性ありとの報道を受け「びっくりした」と明かした。

監督が強化部から直接ではなくマスコミの報道で知ったという。

まだ天皇杯を残す我がチーム、今この状態でこのような事を公にしていいのか?篠田監督の心中は如何に?強化部というからトップは大榎GMなはずでいくら監督を新たにピックアップしてたにしろ公言はしなくていいだろうに。

以前も開幕前、ヴァンデルソン獲得時に素直に「映像だけ見て獲得した」と素直に言っちゃって。

そん時親父は

>しかし大榎GMも映像だけって・・・正直に話さなくても良さそうなもんだけど。 

って書いたんだよな。

なんか大榎GMって正直で人が良くって腹芸ができそうもないな。あれだけエスパルスは獲得情報等が外に漏れないので有名だったけど・・・

篠田監督、頑張って❗

清水エスパルス - サッカーブログ村
 ポチッとな

| | コメント (3)

2019年12月 9日 (月)

三つの慶事

試合のあった12月7日は親父的に三つの慶事がありました。

まずは小僧の31歳の誕生日、いつまでも子供だと思っていましたがもう31歳となりました。ここまで大きな病気もなく人様にご迷惑もかけず育ってくれました。

あとは結婚をして所帯を持ってくれれば親の手は離れます。
小僧は金融関係に勤め親の口から言うのも何ですが仕事も真面目にやっていると思います。この辺は女房の血を受け継いでいると思います、親父はなりきな性格だもんで(笑)

どなたかお相手になるような方はいらっしゃいませんでしょうか?(笑)

そして第二の慶事は神奈川に住む姪っ子の結婚式でした。残念ながら親父は自宅療養中で女房も付き添っていますので2人は欠席、お袋と小僧、娘に出てもらいました。
小僧と娘もちったぁ刺激受けて結婚に前向きになってくれればよいのですが・・・

そして第三の慶事は・・・

勿論エスパルスのJ1残留です。ただ慶事と言うのがちょっと恥ずかしい。

いつもの試合に比べて選手達は気合が入っていたと思います。あのドウグラスのスーパーゴールが決まった時は「あぁ、やっぱドウグラスか」と思いました。喜びでドウグラスに駆け寄ったエウシーニョ、六平らが笑顔の中でドウグラスは非常に厳しい表情でした、まだリードしただけで試合は終わっていない・・・そんな彼の意思を感じました。
今まで先制しリードしたって逆転された試合は数知れず、彼は十分それを思っていた事だろう。

ただドウグラスの、しかもスーパーゴールじゃなきゃ勝てない所は少しガッカリしたとこはある。ドウグラスしか点が取れないというのは重々承知だが彼以外の得点が見たかった。

試合当日のスポーツニュース見ていてもやはり優勝した横浜FMに割かれる時間が多かった。サポーターの様子も多く映り出され優勝で泣いていたサポーターも多かった。うちのサポーターも残留が決まった後泣いていたサポーターがいただろうが同じ涙でも何と内容が違う涙なんだろうと感じました。

歓喜の涙(マリノス)と安堵の涙(エスパルス)・・・いつかは本当の歓喜の涙を流させてくれ‼

清水エスパルス - サッカーブログ村
 ポチッとな

| | コメント (1)

2019年12月 6日 (金)

モヤモヤを腹から出してみた 2

さあいよいよ来季の清水の立ち位置を決する試合が明日行われます。

Top_news_images2949
通常なら明日の鳥栖戦に向けあ~だこ~だ書くんですが今回はあえて書きません、選手達の頑張りを信じて。今更トラップ上手くなれ、連携を取れ、スペースに走り込め、シュートは枠内に飛ばせ等々書いたってちっとやそっとじゃ変わらんでしょ。ただJ1に残りたい、サポーターに最低限だけど喜んでもらいたいって気持ちを選手には持ってもらいたいんだ。

さて前回のエントリの第二弾で親父の腹に溜めていた事を少々吐き出します。

これは試合とかには全く関係ないとは思うんですが新エンブレムの変更の件です。

エンブレム変更は時代の流れかなとは思いますが『 S-PULSE 』のロゴを残してもらいたかったやぁと思っています。
正直、この『 S-PULSE 』のロゴに惚れていましたしカッコ良かったと思います。うちに車2台ありますがそのどちらにも転写ステッカー貼っています、このロゴがなくなってしまうんじゃないかとこの前ドリハウ行って転写ステッカーを何枚か購入しました。

俺の中では矢沢永吉さんの
Eb84206272ec5f0d00d8afc18ceb5390 が変わるくらいのショックがありました。
でもエスパルスが前を向いていくには必要な事なんでしょうね。

なんだか親父の応援モードがどんどん薄くなってしまうような気がしています。

清水エスパルス - サッカーブログ村
 ポチッとな

| | コメント (1)

2019年12月 3日 (火)

モヤモヤを腹から出してみた 1

最終戦まで残留さえ決められぬ我がチーム、今日はドピーカンの晴天(@静岡市葵区)、空はあんなに青いのに、空はあんなに高いのに、俺の心は一向に晴れない。腹に溜めているばっかでモヤモヤ感が晴れない。

毎年毎年同じような結果になりこのブログでは年に何回かはフロント、監督、選手に思いの丈を書いていた。だが今年は試合だけに関しては文句も書いていたが全体的な根本的な事に関しては全くと言っていい程書いていないと思う。

基本的には親父は自分の眼(片目しかないけど)で確認した事に対してブログ書きたいなと思っているのでなるべく三保にも言っていたが今年に限ってはがんの再発、自宅療養という事で一回も行っていない。なので篠田監督がどんな練習やっているかスポ新あたりの報道で知るくらいだ。

なので大きな事は言えないがサッカー素人親父のモヤモヤした腹の中を少し出してみたい。

試合が始まって我々サポーターは当然の事ながら先制点を願う。
が先制したらうちのチームはどうなるだろうか?その後の試合振りは同点にされるのを怖がり腰が引けてくる。そしてサポーターが予期したように同点にされその後逆転される、ルーティーンのようだ。何とも情けねぇったらありゃしない。
これだったら早い時間帯の先制点ではなくなるべく長い時間0-0のままいって終盤に先制点が入るくらいの試合の方がいいんじゃないかとも思ってしまう。まるで先制点が手かせ足かせになっているようにしか思えない。

取り合えず今日は一つだけ腹から出してみた、また後日。

清水エスパルス - サッカーブログ村
 ポチッとな

 

| | コメント (3)

« 2019年11月 | トップページ