« vsC大阪 3 ~ 天皇杯を犠牲にし得たもの ~ | トップページ | ポジティブに »

2018年7月20日 (金)

X氏の発言全貌

C大阪との試合は現地に行けなかったので「J史上初 フルマッチ2元生中継」の甘い言葉に誘われてどんなものかとSBSを見ていました。

前半終わって清水リード、磐田vs鹿島の試合も見ていました。というかチャンネル変えたらツキも流れていってしまいそうでチャンネルを変えられませんでした。

清水3点目が入ってほぼ勝利確定。磐田、鹿島はデッドヒート。別にどっちも応援はしていませんがほぼうちらの勝利確定という事で心静かに見ていられました。

もしうちが負けていたら・・・

当然チャンネル変えるし磐田、鹿島の試合もギャアギャア言いながらだったでしょうね。勝利と言うものは何と人の人格を変えるのでしょうか、穏やかに(もしかしたら冷ややかに?)見る親父がそこにいました。

やっぱ試合は勝たないとダメですね。

さて前回三保に行った時、

ものすげぇ暑かった 三保の風 (2018年7月17日 記)

>練習見ていたら後ろから

X氏「内藤、内藤」

って声が。

一段高いとこに内藤強化部長がいました。内藤さんを呼び捨てにできるのは勿論報道関係者ではありません。左伴社長かなと思いましたが違いました、となればクラブ内で彼を呼び捨てにできるのはあと一人しかいません。

その方が内藤さんを呼び寄せてある事を指示していました、実はこれは親父も感じていた事だったのです。

きっとそれからは改善されていると思います。

内藤氏を呼んで指示を出した方、それは久米GMでした。

指示内容はミニゲームをやっている最中に監督がストップさせ色々指示している時に日本語だけで外国人選手達には通訳が入っていないという事でした(特にポルトガル語)

これは非常に大切な事で久米GMもちょっと「annoy」マークが入っているような口調でした。
親父が何故これをC大阪戦の試合後に書くようにしたのか・・・

試合前に書いてもし試合に負けていたら「今更そんな事やってるから勝てないんだよ」とお怒りの方も出てくるでしょう、親父はそれを恐れました、ちょっと配慮。もし負けていたらこの記事握りつぶすつもりでしたcoldsweats01

もしかしたら試合にこの効果も出たのかもしれないと思った親父でした。

ただ・・・

内藤強化部長も指示を受けてまた元の席に戻りましたがその時,即実行でその足でピッチ内に連絡入れていれば株がグッと上がったのに・・・というのは親父の独り言です。

清水エスパルス - サッカーブログ村
 ポチッとな

|

« vsC大阪 3 ~ 天皇杯を犠牲にし得たもの ~ | トップページ | ポジティブに »

清水エスパルス」カテゴリの記事

コメント

確認ですが、ヨンソン監督が日本語で指示している、ということですか?

それとも、監督は英語で、それを日本語に訳している?

投稿: 迷い道くねくね | 2018年7月21日 (土) 午前 07時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203713/66958631

この記事へのトラックバック一覧です: X氏の発言全貌:

« vsC大阪 3 ~ 天皇杯を犠牲にし得たもの ~ | トップページ | ポジティブに »