« 2017年6月 | トップページ

2017年7月21日 (金)

日程が出ました

6月より新規のお客様に静岡県下全ての納材を任されました、既存の仕事より単位は小さいのですがこれからその分野も開拓していかなくてはならないし静岡県下全てなので言い方は悪いですがチリも積もれば・・・という目で見ています。

ですが注文が細かい、今日注文いただいたら基本的に明日には納入するというのがお約束なので親父自身が飛び回らなくてはならない事もしょっちゅうです。

今日も磐田に行って来ました、しかもヤマスタのちょっと南の方。何故か西部地区に来ると反射的に心の中でファイティングポーズをとってしまう親父ですcoldsweats01そうですねぇ、袋井辺りからかな。

さて後半戦の日程が出ました、注目は・・・やはり浦和戦でしょうか。なんたってエコパではなくIAIスタジアムで開催するとの事、ビックリしましたねぇ、前述のように仕事でもアウェー感がある地区にあるエコパ、ホーム感がないエコパですがどうなんでしょう。

某議員が浦和とドルトムントの試合に関してツイッターにあげた。

浦和酷い負け方。親善試合は遊びなのかな

あの試合見ていましたが赤組さんは酷い負け方でしたか?それよりドルトムントのモルを褒めるべきでしょ。サポーターとしてはこの言い方されると大いに反発したくなるのは心情的にはわかる。
親善試合とはいえ遊びであろうはずがない、あれが遊びに見えるようならサッカーについて語るなannoy・・・と赤組嫌いな親父でさえそう思います。

サッカーの応援しているだけのくせに、なんかやった気になってるのムカつく。他人に自分の人生乗っけてんじゃねえよ

内容もさる事ながら国会議員として「・・・てんじゃねえよ」この言い方は×でしょ、あきれたわ。

「サッカーの応援しているだけのくせに・・・」全サポーターを敵に回したな。
「しているだけのくせに・・・」何か物悲しいわ、この言い方。本気で他人を応援したことないな、こいつ。
サッカーの応援をしている・・・サポーターとして最上級の褒め言葉じゃないですかsign01

俺だって選手達に夢を乗っけてるけんなぁ、自分じゃできない事ができる選手に自分の姿をダブらせるのもそんなに悪かぁないぞsign03

だがそのツイッターに対して「殺してやる」とかの(赤組サポかどうかは知らんが)反応はイカン。最近「殺す」とか「死ね」とか簡単に言うけど世の中には生きたくても生きる事ができない人もいるんだから。

そんな反応をしてしまった多分赤組サポさんがIAIスタジアムに大挙押し寄せるだろう。クラブもええかん気を引き締めないと何かあったら(勿論うちの方は問題起こさないとは思いますが)開催チームの責任が問われるでしょうからねぇ、警備を万全にしてもらいたいもんです。

清水エスパルス - サッカーブログ村
  ポチットとな

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月15日 (土)

中断期間

今日も親父は仕事だよ~んcoldsweats01

皆さん、限定ユニ争奪戦はいかがだったでしょうか、何とか手に入れられたでしょうか?

親父は前記事に書いたように今回はパスしました、申し訳ないけど高みの見物です。これもチームにお金が落ちますんで協力したいのはやまやまだったのですが前回程の『これ欲しいっsign01』っていうインパクトが(同じ黒基調なので)親父にとってなかったもんで見送りとさせてもらいました。

選手達は現在オフ、試合もなきゃ三保練もない、何て暇なんでしょう。この中断期間に補強がすすんでいるチームがあります。当然下位に沈んでいるチームにその補強の話が多いのですがうちのチームはどうなんでしょうね。

ここはやはり夏の補強ゼロって訳にはいかないだろうって親父的には思っています。

25周年記念マッチで協賛100社集め(1社20万)25周年記念グッズを売りまたこの限定ユニしかり。お金になるものは悉くお金に変える・・・そんなクラブの姿勢が補強費に回ればなと思います。

まずケガ人が戻ってきてここに日本代表、元代表クラスかまたは実績のある外国人選手が1人取れればなと思います。チアゴは勿論、カヌ、フレイレ、デュークらも決して外れではないと思っていますのでもう1人核になる選手(特に守備系)が欲しいですわなぁ。

お金がなけりゃあ出来ない話、ボンビー親父もちったぁ頑張るからさsign01

清水エスパルス - サッカーブログ村
  ポチットとな

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月14日 (金)

今晩19時スタート

ここんとこ女房に2回くらい言われました。

「夏のユニフォーム、買うの?」

1_1

前回は運よく購入できました。黒がカッコ良かった、でも着たのは3~4回。
今回も黒基調かぁ~。親父はあんま購買欲がないもんでもう毎年出るゲームシャツだけでいいかな・・・という事で今回見送りです。

限定1,800枚、サイズ毎だと非常に厳しい競争率だと思います。皆さん頑張ってね。

後援会先行予約】『S-PULSE 超ドS シリーズ』限定ゲームシャツ

後援会員先行予約は今日7月14日19:00からですよ。

清水エスパルス - サッカーブログ村
  ポチットとな

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年7月13日 (木)

テセの負担を・・・

そういやぁ~7月13日は亡くなった親父の誕生日だった、生きている時はろくに祝ってやらなかったな。
前も一回ここで書いたけど『酒さえ飲まなきゃやさしい親父note』まぁやさしかったかどうかは別にして酒を飲まなきゃ暴れなかった(笑
昭和5年生まれのガンコ親父でした、今日は仏壇に手を合わせるか。

さて昨日書いた~ テセのキレが・・・ ~ですがそう思ったのは俺だけじゃないと思うが如何?これは昨日だけでなくて最近の試合でそう感じていました。

昨日の試合でいえばあのクラスの相手なら彼なら無双だろうなと思っていました。しかしヘッドで一本外したし村田からのパスからのシュートもGKに阻まれた。昨年なら確実に入れていたようなシチュエーションでした。

ここまでリーグ戦は7得点、決して恥じる得点ではないのです。相手のマークがキツイのは承知の上ですが親父的には何か物足りなさを感じています。

昨日の2点目、竹内のあんなシュートが理想です。やはりテセにだけ負担を掛けず2列目、ボランチの得点が増えなきゃまだまだ苦しい試合が続くでしょうね。
2列目、ボランチの得点が増えていけば自ずと彼の得点が増えていくんじゃないかと思います。

何がキッカケになるのかなぁ。

清水エスパルス - サッカーブログ村
  ポチットとな

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年7月12日 (水)

vsいわきFC 【天皇杯3回戦】 ~ テセのキレが・・・ ~

まずはいわきFCがあるいわき市がどこにあるのかっていう超初心者の親父は調べました。

かろうじて福島県というのはわかっていたんですがいわき市がどこにあんだかわからない。

Admi07

いわき市って福島県の南部、茨城県のすぐ上なんですね。

そんないわきFCが全国的に注目されています、多分今日のエスパルスとの天皇杯の試合も大注目でしょうね。サッカーファンとしてはJ1札幌に勝った実質7部のいわきFCを応援してた方がきっと多かった事でしょう。そりゃあジャイアントキリングがあった方が面白いもんね。

だけんね、そうはイカの金玉、うちが負ける訳にはいかない。J1の力を見せつけなければ・・・幸いリーグ戦の狭間ではなく中断前の試合となったんで力を惜しみなく出して欲しい。

とここまでは試合前の下書き。

これからが試合後の書き込みです。

なんだよー、いわきFCってフィジカルだけじゃないじゃん。パスをちゃんとつないでくるじゃんよ~、うちよりコンビネーションいいじゃんか。
個人技の自信もあるんだろうな、結構仕掛けてきた。それに対してうちは最後はやらせないって感じだったかな。

勝って当然・・・ではなく勝って良かったdashという親父の感想でした。

でも・・・

親父的にはテセが気になる。

清水エスパルス - サッカーブログ村
  ポチットとな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 9日 (日)

vsG大阪 1 ~ ハードワーク ~

親父はシーズンシートではありません、昨年までは必ずドリームハウスで前売りを買っておりました、コンビニでは買わずそれは親父なりの拘りでした。
ただ今年になって妙にめんどっちぃくなってIAIスタジアムで当日購入していました。

今節のG大阪戦もそのつもりでいたのですが居住区であるAゾーンが完売してしまいアタフタ・・・あとは金券ショップだと〇ウマッチの南口店に行ったら「1Fだったらありますが」と言われ葵タワー地下店に電話したら1枚だけ残っているとの事で「30分で行くからとっといてsweat01
初めて金券ショップでチケット購入しました。

正直なところテセ、チアゴがいない、となれば勝てる見込みは薄い、チケットが取れない事を自分に納得させ不参戦にしようか・・・という葛藤があったのは否定しません。

ですがそこは「うちの子っち応援団」の親父、不利だから、勝てそうもないからと参戦をあきらめませんでした。あぁ、良かったhappy01

G大阪の選手たちの動きがいつもと違う、やはり連戦の影響か動きが悪い。

飛車角抜き (2017年7月6日 記)

>G大阪は昨日鹿島との試合がありました、結構ガチメンで戦っています。疲れていてくれるでしょうか?後半足が止まってくれないでしょうか?

それに対してうちは前線からプレスを掛けていた、金子だけでなく。
みんな走った、プレス掛けた、一生懸命やった。

勝ったからといって親父はG大阪より強いだなんてこれっぽっちも思っていない、そんな厚顔無恥ではありません。

でもね・・・

今日一日くらいは、えばったっていいんじゃないかな。

\(^o^)/ ガンバに勝ったどーsign03 \(^o^)/

清水エスパルス - サッカーブログ村
  ポチットとな

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年7月 7日 (金)

他所のチームも気になるが・・・

水曜日の試合結果を踏まえて赤組さんちで色々あったようで。

【浦和】ペトロヴィッチ監督、辞任覚悟…大敗後“バス囲み”で「9日勝たなければ出て行く」

進退かけられた次節の新潟も気の毒だがどんな結果が待っているのでしょうか。

「新潟よ、赤組をブッとばせsign01

「赤組監督に引導を渡してやれsign01

「舐められてんな、絶対に勝てよsign01

親父、心の叫びです。

が・・・

残留争いしている新潟に勝たれるのは拙いのです。うちが上位争いをしていれば清々応援できるのに・・・

他チーム応援 (2017年7月3日 記)

ごめんな、新潟さん。同じ地方都市で同じオレンジカラー、お互い主力選手を抜かれてヒィヒィいいながらやってるのでシンパシーは感じていますが現実とは何と惨いもんなんでしょうか。

まぁ他チームの事は今は目を瞑るか、うちは目の前の試合に全力投球sign03

打倒G大阪sign03

清水エスパルス - サッカーブログ村
  ポチットとな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 6日 (木)

飛車角抜き

仕事から帰ってくるとTVを見るんですが最近はお笑いではなくなるべくクイズ番組を見るようにしています。
やっぱり脳の衰えといいましょうか記憶力の衰えといいましょうか少しでも脳を活性化しなくては・・・という焦りがあります。

昔に比べて少し変わってきたのはまず問題が何をいっているのかっていうのを理解する所から始めなければならないっていう事。
問題のいっている意味をまず理解するのがスタートになってきてしまったという事です、特に東大あたりの人達の作った問題。

親父「この問題の意味がわかんねぇ」
最近、親父の口からよく出る言葉です。ちょっと悲しいですが・・・

さて土曜日はG大阪戦、ただでさえチーム力に差があると感じているのにテセ、チアゴが欠場というどこに光明を求めればいいんだdownという感じです。

ただだからこそ生きる道もあるような気はします。

守備的になるのは仕方ないですが何時ぞやの試合のようにただ跳ね返すだけという事はやって欲しくない、カウンターの意識をずっと持ち続けてもらいたいのです。

G大阪は昨日鹿島との試合がありました、結構ガチメンで戦っています。疲れていてくれるでしょうか?後半足が止まってくれないでしょうか?
そんな僅かな期待を持ちつつ土曜日を迎えたいと思います。

清水エスパルス - サッカーブログ村
  ポチットとな

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月 4日 (火)

親父的悲願

7月4日はエスパルスの誕生日です。
25年ですかぁ~、四半世紀ですね。年数だけみれば長いのですが何かアッという間だったような気がします。

上の小僧が3歳、下の娘が生後6ヶ月、特に娘は生まれながらに病気を背負っていたので正直周りのサッカーフィーバーにも今一乗り切れてはいませんでした。しかし幼稚園にあがる頃手術し今は全く病気とは無縁になりました。

娘の病気が落ち着いてからですかねぇ、親父がのめりこむようになったのは。それまでも試合は見に行ったりはしていましたがどちらかと言えばお客さんでした。

そしてネットの普及、意を決してこの親父ブログを始めたのが10年前。
果たして長続きするのか、人様に見られるのに耐えうる記事を書けるかと色んな想いはあったもののエスパルスへの想いが勝って現在に至ります。今のチーム状況を見ればえてして「昔は良かった」と言いたくもなりますがなるべく現状、未来を見てでの記事にしようと心掛けています。

まだ25年、これから何十年、そして百年と多分続いていくでしょう。どこまでエスパルスの行末を見られるかわかりません、あと25年経つと83歳かぁ~、生きているかどうかもわかりませんが体と心が許す限り応援したいと思います(何とか生きている間にリーグ優勝を見たいもんだ)

清水エスパルス - サッカーブログ村
  ポチットとな

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年7月 3日 (月)

他チーム応援

将棋の藤井四段の連勝が29でストップしましたね、連勝はいつかはストップするんでしょうが連敗はそうとも限りません。ずっと負け続ける(または未勝利)可能性はあります。

このブログで時々書いていますがJ1残留するには勝ち点40以上とかの基準はなく「ビリ3」に入らなければいいわけです。

となれば自分の応援するチームが勝てなかったら残留争いしているチームが勝たなければいいのです、そうなればその対象チームの相手の勝利を願わなくてはなりません。

今節は幸いな事にその対象チームの広島が浦和に、大宮が横浜FMに、新潟が磐田に負け甲府は鳥栖と引き分けました。

こんな結果でしたから札幌との試合、勝っていれば少しは差が開いたものを・・・と思わざるをえません。

自分とこが勝てないもんで対象チームが勝たないことを願う・・・なんとも情けないことです。浦和に、横浜FMに、磐田に勝ってくれと願うのです。これは相当の屈辱ではありますが現状致し方ありません。

チーム、選手達もサポーターがこんな思いをしているっていうのを受け止めてもらって自分のチームだけ応援できるように頑張ってもらいたいもんです。

清水エスパルス - サッカーブログ村
  ポチットとな

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年7月 1日 (土)

vs札幌 2 ~ こりゃあかん~

今日はお仕事、見積りやら段取りやら事務仕事やってます。平日より確実にお得意様からのTELが少ないので仕事がはかどります。

さて今日は札幌戦です。
前半戦最後の試合、前半戦の大一番、絶対に負けてはならない試合・・・等々この試合には色んな冠がついたと思う。

昨年の悪夢のアウェー札幌戦。

J1昇格の資格があるか問われる試合 (2016年8月7日 記)

弱点露呈 ~ わかっていた事ではあったが ~ (2016年8月8日 記)

昨年、この札幌戦をJ1昇格の資格が有るや無しやと書きましたが今年はJ1残留、定着が問われる一戦です。残念ながら故障者多くベストの布陣ではないかもしれませんがきっと結果を出してくれると信じています。

以上、試合前の書き込みでした。

パソコンで見ていたけれど試合が終わって・・・

ふぅ~dash

まじ~ぞ、これは。

あんな失点の仕方もそうだけど個で勝ててないんだからチームで勝たなきゃ・・・なんて言ってもそのチーム力もチアゴら主力選手がいなければこんなもの。正直凄いストレスを覚える、体に悪いわ。

何でかなぁ、守ってカウンターもできないしクロスの精度も悪いしドリブルで崩せる選手もいない。足元ばっかでスペースへ走りこんでくる選手もあんまりいないdown
一体どんな練習をやってるんだannoyただ守りゃあいいのかpunch

シュートの決定力もなし、攻守とも合格点はつけられない。今日は勝ちたかったがほとばしるような気が感じられなかったな、いつものこんだけど。

まあここでブツブツ言ってもしょんない、ただ確実に残留が目標になったのは間違いなさそうだ。

清水エスパルス - サッカーブログ村
  ポチットとな

| | コメント (2) | トラックバック (0)

vs札幌 1 ~ 前半終了 ~

余りに失点の仕方が悪過ぎる、クソッタレ~annoy昨年の試合を見ているようだ。

ストレス溜まるわぁ~。

清水エスパルス - サッカーブログ村
  ポチットとな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴァンパル

エスパルスのHPがリニューアルされるようだ。

エスパルス公式ウェブサイト(PC版)リニューアル
およびリニューアルに伴うメンテナンス実施のお知らせ

この親父ブログをスマホ、携帯で見てくれている方々は感じてはいないと思うがPCで見てくれている方は親父ブログの配色がHPに似てるって思う方がいるんじゃないかなと。

背景が真っ黒、文字は白、それにオレンジを散りばめています。正直、似せ(偽)ました。スマホ等で見られている方は記事をスクロールして一番下の『PC表示に切り替え』で一度見て下さいな。

さて甲府戦、楽しみにしていたヴァン君との触れ合いですが実際はできませんでした。雨天っぽかったのでカメラも置いてきちゃったし。
だけどハーフタイムにプーマトンネルの近くで少しばっかヴァン君を見られました。ほんとに控えめに端っこばでやっていたのでメインAからも余りハッキリ見えなかったのですが・・・

お盆らしきものを取り出しアキラ100%等いつもの小ネタを絡ませ笑わしてくれました、流石ですsign01
何度も何度も頭を下げるヴァン君、こっちこそ申し訳ねぇと頭を下げたい。いつしか戻ってきてくれるんだろうか・・・といつまでもグチグチネチネチ言ってる諦めの悪い親父であった。

清水エスパルス - サッカーブログ村
  ポチットとな

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ