« vs山口 1 ~前半終了~ | トップページ | 愉しみはまた苦しみでもある »

2016年8月15日 (月)

vs山口 2 ~ 敵ながら天晴れ ~

くそ~、ハンドを取られて同点にされ終了間際の決定的な長谷川悠のシュートが決まらずドローdown・・・ここからの試合、俺たちにとってドローは敗戦に等しい。

何を書こうか・・・相手を褒めるようなタイトルになっちゃいましたけど自分の思いに素直に書こうと思います。

まずスタメンですがいつものように石毛、金子のチョイスではなく最初っから航也できました、多分スカウティングしているでしょうからパスを回して組み立ててくるのは十分にわかっていたはず、航也は前からのチェック、追い回しがほとんどありません。
これではいいようにつながれてしまいます、この航也先発の判断はどうだったんでしょうか。

今J1で下位に沈んでいるチームのように5人目の動きとかではないですが山口は必ず2人目、3人目が動いていました。うちは相変わらずの足元、中々連動という動きはできませんでした。
あれだけパスを繋がれちゃうと・・・

もし柔道のように判定があったとしたら判定負けだろうね、こちらが動きが悪かったのもありましたが山口のサッカーは予想以上に連動し可能性を感じるサッカーでした。
特にうちの左SBの裏を狙われたけれど普段から練習しているんだろうなぁっていうのが見て取れました。

フゥ~dash また後程。

清水エスパルス - サッカーブログ村
ポチットとな 

|

« vs山口 1 ~前半終了~ | トップページ | 愉しみはまた苦しみでもある »

清水エスパルス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203713/64060385

この記事へのトラックバック一覧です: vs山口 2 ~ 敵ながら天晴れ ~:

« vs山口 1 ~前半終了~ | トップページ | 愉しみはまた苦しみでもある »