« 河井、ラララララーラ | トップページ | 町田に »

2016年6月 6日 (月)

蝶のように舞い、蜂のように刺して欲しいが・・・

モハメドアリ氏が亡くなりましたね、こんなブログ見ている若干年配の方にはアリというよりカシアスクレイといった方が当時を思い出すかもしれない。

『蝶のように舞い、蜂のように刺す』
当時のボクシングヘビー級は力対力で一発のパンチで勝負が決まるみたいなところがあったがアリはそれを覆すような華麗なフットワークを見せたのだ。

我がエスパルスも選手が舞うが如く華麗なパスサッカーをしゴールを決める・・・という理想はあるが現実は汗をかいて泥臭くゴールを狙わなければならない。

もっと走れよ、もっと汗かけよsign01

清水エスパルス - サッカーブログ村
ポチットとな 

|

« 河井、ラララララーラ | トップページ | 町田に »

清水エスパルス」カテゴリの記事

コメント

まあ擁護するわけじゃないんですけど、うちの選手たちって、「この方向に走れ」って言われれば、一生懸命走ると思うんですよね。でも、どの方向に走っていいか分からないから、力が出し切れずに、結果的にモヤモヤ感を抱いたまま試合終了のホイッスルを迎えるというか。

昨シーズンの終了時に社長が言った「選手たちを迷子にしてしまった」というのは、稀に見る名言だったと思います。まあ、そんなウマいこと言われても、困るんですが。w

迷子状態が、まだ続いているなあと、思うわけです。

投稿: 迷い道くねくね | 2016年6月 6日 (月) 10:25

迷い道くねくねさん

コメントありがとうございます。
やっぱそうですか、言われれば納得です。
その辺を自分たちで考えてプレー出来ればと思います。

投稿: なりき | 2016年6月 6日 (月) 13:31

ジョージ・フォアマンとのキンシャサでの一戦は
今でも脳裏に焼き付いてます。
あの試合は舞いもせず刺しもせずで耐え、ここ一発で
仕留めた歴史的タイトルマッチ!懐かしいですね。
ご冥福をお祈りします。

迷い道くねくねさん、その通りですね。思いっきり同意。

投稿: オレンジのヒゲ | 2016年6月 6日 (月) 15:45

先導者、ゲームコンロール


力があるボランチが必要です

投稿: オレンジレンジ | 2016年6月 7日 (火) 09:01

「道は探すか造るか」好きな言葉です。ピッチで迷ったら「探すか造るか」するメンタルと技術が欲しいです。

投稿: さと | 2016年6月 7日 (火) 13:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203713/63738586

この記事へのトラックバック一覧です: 蝶のように舞い、蜂のように刺して欲しいが・・・:

« 河井、ラララララーラ | トップページ | 町田に »