« 町田に | トップページ | vs町田 1 ~ 前半終了 ~ »

2016年6月 8日 (水)

日本代表の敗戦をうけて

日本代表の試合、1-2で負けていて終了間際に怒涛の攻め、そしてあの場面。

>終了間際に訪れたビッグチャンスだった。エリア内に抜け出し、フリーでボールを受ける。しかし、この日が代表初先発だった背番号18は、誰もが「シュート」と思ったであろう場面で、パスを選択。その試みは相手DFの懸命なカットに阻まれた。

背番号18の浅野選手は試合後号泣したそうな。

それに対して怪我のため出場していなかった本田はその姿を見て

>「難しいですね……ふたつの考え方がありますよね。ミランにも負けて泣く選手がいますけど、『泣くなよ』って言いたいのと、“泣くほど悔しいんだ”ということなんじゃないですか。ただ、僕は泣かないんで。泣く選手の気持ちは分からないです」

うちの試合見てても「よしっ、シュ~~~トsign01」ってこちらが力の入った場面でもシュートにいかずパスを選択する場面に度々遭遇する。
結果得点できなければその選手は頭を抱えるが試合後泣きはしない。

日本代表とJリーグの試合では重みが違うかもしれないが点を取れなかった、試合に勝てなかったという事に対してもっと表現をして欲しいと思うのは親父の欲なのだろうか。

かつて高木俊が泣いたように涙を流してくれた選手達がいた、気持ちが伝わったよね。今は何かドライな面ばっか目についてしまう。

「泣けば良いってもんじゃないでしょ」って方もいらっしゃるかもしれないが浪花節親父はそういう悔しい気持ちも見たいのですよ。

清水エスパルス - サッカーブログ村
ポチットとな 

|

« 町田に | トップページ | vs町田 1 ~ 前半終了 ~ »

清水エスパルス」カテゴリの記事

コメント

「選手が泣いちゃうよ」

って言った男の子はいましたけどね。

投稿: 昭和歌謡 | 2016年6月 8日 (水) 16:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203713/63747934

この記事へのトラックバック一覧です: 日本代表の敗戦をうけて:

« 町田に | トップページ | vs町田 1 ~ 前半終了 ~ »