« エダがキャプテン❓❓ | トップページ | キャンプ 【 親父的ポイント 2 】 »

2016年2月 2日 (火)

キャンプ 【 親父的ポイント 1 】

ここ最近の記事は夜の10~11時頃書いて公開時間を0時設定にしています、まあ一種のタイマーですな、この記事もそうですが・・・
 
昨日の記事を書いた時間にはオフィシャルに鹿児島空港到着、天文館での歓迎セレモニーの様子までだったのでその後のトレーニングは軽いものだったんだろうなと推測していたんですが何々、夕方5時からみっちりとやったようです。 
 
 
親父的ポイントは 
 
最後はフィールドプレーヤー全員がハーフコートに入り、ミニゲーム。26人がハーフコートに集まり、コートの中では人で溢れている。そのような密集が作られる状況では個人のテクニックや判断の速さが要求される。そして、球際は常に厳しい。 
 
今までは普通ハーフコートでは8対8とかが多かったように認識していたが13対13っていうのは初めて聞いた、面白い。 
 
そして二日目の昨日、天気が余り良くなかったようで午前練はフィールドプレーヤーは屋内からの屋外、GK連中はずっと屋外だった模様。 
 
 
親父的ポイントは 
 
GKも全体に加わったゴール前で1対1のシュート練習では、小林監督は守備に入った選手に大きく指示をしていた。
「もっと我慢しよう。相手がボールを持っている時は、飛び込まずに足を止めて守備をしよう」
と、無理に飛び込んでかわされた選手に対して声が飛ぶ。  
 
ここが非常に難しい、スペース空けるとミドル打たれる。下がってはいけないとは思う。 
 
そして午後練、相変わらず天気は良くなかったようで。 
 
 
親父的ポイントは 
 
今回の練習のテーマはクロスへの対応。
小林監督が気になったのは、守備陣のステップワークや体の向きだった。監督自ら実戦し、選手たちに見本を見せながら指導を行った。
何度も繰り返し練習し、問題解決への一つカギを選手全員が共有することになった。 
 
外からのクロスに対してのDF陣の決まり事、何回も繰り返し練習して是非試合に生かして欲しい。 
 
全体的に順調なキャンプのようだがまだまだこれから・・・親父的には話半分に聞いときます。 
 
清水エスパルス - サッカーブログ村 
ポチッとな

|

« エダがキャプテン❓❓ | トップページ | キャンプ 【 親父的ポイント 2 】 »

清水エスパルス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203713/63153286

この記事へのトラックバック一覧です: キャンプ 【 親父的ポイント 1 】:

« エダがキャプテン❓❓ | トップページ | キャンプ 【 親父的ポイント 2 】 »