« vs川崎 2 ~前からプレスは掛けられぬ~ | トップページ | 残留の確率 »

2015年7月26日 (日)

vs川崎 3 ~横綱相撲とろうとするんじゃないよ~

いつものパターン、いつもの失点、いつもの逆転負けdowndowndown

正直、ここまでなるべくポジティブにポジティブにと思っていたが昨日の戦いを見て「こりゃあかん」と。

元々後半に難のあるチームだが後半こうすれば・・・というのがあった。だが川崎のパスワークとこの夏場の暑さであれだけ走れなくなるとなれば同じ事をやればまた同じ結果となるだろう。
後半は全く闘えていなかった、というか勝とうという気が足が止まったと同時に消し飛んでしまったようだった。

試合後の大榎監督コメント

>2-1でリードしながらそこで踏ん張れて、(点を)取られないような戦いをしていかないと、これから勝ちきれないと思う。後半、なかなかチャンスを作れなかった中で、もう少し自分たちがボールを前に運べるような形を作らないと勝ち点は取っていけないことを感じた。
厳しい状況は続くがしっかり前を向いてやっていきたい。

今頃感じても・・・
だったらそういう指示を出さんかいannoy

毎回あれだけ裏を取られて何にも感じないのか?
解説者もそうだが見ている人に笑われる守備(戦術)のレベル、何とかやりよ~がねえのかよannoy

攻められたら4バックでも5バックでも6バックだっていいじゃん、その前に4枚並べたっていいじゃん、スペース空けるなよ、点を取られちゃあお仕舞いなんだよannoy
俺ら最下位なんだよ、カッコ悪くても勝ち点稼がなきゃならないんだ。健太時代、確か鹿島戦でドン引きした試合があったかと思ったが勝てないと思えばそこまでやらねばならないのだよ。

暑い夏、スケジュールもタイトだが次節横浜戦後は二週間空きその後に当面の標的である湘南、新潟戦が続く。

ここ(中断の二週間)が最後のチャンスとなるだろう。

清水エスパルス - サッカーブログ村
    ↑
  ポチッとな

|

« vs川崎 2 ~前からプレスは掛けられぬ~ | トップページ | 残留の確率 »

清水エスパルス」カテゴリの記事

コメント

その泥水を啜ってでもって気持って去年の残留争いから必要だったんです。
トップチームを率いて1年近く経つのにそいう気持ちが見えてこないというのは、
本人には出来ない富士山より高いプライドがあるか、
日本海溝より深い深慮遠謀があるのか、
ただの鈍感なのかのどれかだと思います。

残念ながら3番目でしょうね・・・。

投稿: すぎぞう | 2015年7月26日 (日) 01:42

攻めることしか興味がないんですかね。
村田と澤田がベンチ入りして、村松も浩太もいないって、選手のタイプとか試合の流れとか関係ないんですよね。後半から川崎フォーメーション変えて中盤制圧されてあっさり失点。後半5分10分で中盤厚くしとけば勝てた気がしてしかたないですがね。1日も早く解任して欲しい。

投稿: アキ | 2015年7月26日 (日) 14:17

気温が異常に高い&後半バテる&前線の選手は得点力が高い
ということであれば、カウンター狙いでテセ・ウタカ・デューク・大前は前線に残し、
残りのメンバーで必死に守るのが、今のチーム状況であれば
最も効率的かつ現実的なんじゃないかと思うのですが・・・。

投稿: | 2015年7月28日 (火) 11:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203713/61956942

この記事へのトラックバック一覧です: vs川崎 3 ~横綱相撲とろうとするんじゃないよ~:

« vs川崎 2 ~前からプレスは掛けられぬ~ | トップページ | 残留の確率 »