« 話はIAIスタに行ってからだ | トップページ | vs名古屋 2 ~何とも気弱な・・・~ »

2015年7月20日 (月)

vs名古屋 1 ~村田は抑止力~

まぁ俺のゲン担ぎ、願掛けの禁酒も精々引き分け止まりだったな。←えらそう
あの試合見て皆さんどんな感想をお持ちでしょうか?

勝ち点2を失った?勝ち点1をゲット?

まぁ大概な方は勝てる試合がドローになってしまったと思っているんじゃないでしょうか。

試合前、いつもこの試合の意義って何なのか自分の中で明確にしています。

優先順位は勿論勝利、不利な条件になったらドローでも可、最悪な展開になったら次に繋がる事をしてみる等々。

前半終わって1-0、そして後半開始早々に田中君がレッド、勝てるかも・・・から相手が一人減って勝たねばならぬに変わった。

親父的には前半終了時に後半15分(60分)で村田投入と勝手に決めていた。

Game_photo_image4898
(オフィシャルより借用)

後半、相手は必ず前掛りにくるもの。数的優位もあり久々に彼の力が十二分に発揮できる展開、彼自身の攻撃と相手の意識を下げさせるという2人分の働きができる。
上手くいけば2-0、悪くても2-1の絵図は描いていた。

だが残念な事に動きなし。そうこうしている間に相手に嵩にかかって攻められPK献上、同点に。しかしまだ数的優位は変わらず、だが村田投入なし。

70分にウタカ2点目GOOOOOALsign03 

Game_photo_image4899
(オフィシャルより借用)

残りあと20分。
まだ村田投入なし・・・っていうか他の選手交代もなし。中3日だしナイターといえどかなり蒸し暑く選手の疲労度もかなりなもんだったでしょうに。

流石に西野監督、リードされここぞとノヴァコとグスタボの2枚替え、やる事は明確。

そしてまた悪夢・・・ノヴァコにやられたdown 2-2同点。

ここで重い腰を上げる監督、何と81分で初めての交代村田。そして84分、88分とやっとケツに火がついたような交代劇。

結果、残念な事にドロー。

こんな試合展開のキーマンは絶対に村田だと親父的には思っている。
今流行りの言葉で言えば村田は「抑止力」なのだ、攻められていても右サイドには村田がいるぞ、いるぞと。

この試合、親父的には数的優位で「勝てる試合」じゃなくて監督が「勝たせる試合」だったと思っています。

尚、今回の回は審判の事を度外視して書いておりますのでご了承ください。

清水エスパルス - サッカーブログ村
    ↑
  ポチッとな

|

« 話はIAIスタに行ってからだ | トップページ | vs名古屋 2 ~何とも気弱な・・・~ »

清水エスパルス」カテゴリの記事

コメント

親父さんのコメントに同意見です。

交代の面子自体は良かったとは思いますが、いかんせん遅すぎ…

追加タイムが長かったとはいえ残り5分切ってる状態で石毛・白崎入れてどうしろって言うの?

数的優位になった時点で元気でスピードある選手入れて引っ掻き回してほしかった。

今日の勝ち点-2は監督の責任と思ってます。

投稿: まな | 2015年7月20日 (月) 03:56

試合は、まだ見てないので
なんともだけど、勝ち点的に
相当やばくなってきた。
現状だと椅子は一つしかない。
鹿島戦の引き分けはいいとして
退場して数的優位で引き分けは痛い。
優位にならないのが清水の悪い伝統。
身内に重病人か、重大なトラブルを
抱えたままで気分が晴れないような
状態が1年半以上続いている状態。
きつい。

投稿: オレンジのヒゲ | 2015年7月20日 (月) 08:17

しかし大榎エスパルスが勝てません

いや、自ら勝機を手放したのか...

大榎監督の采配にはゲーム起承転結させる

能力が欠如していると思わざるえない。

投稿: MIKI | 2015年7月20日 (月) 09:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203713/61917641

この記事へのトラックバック一覧です: vs名古屋 1 ~村田は抑止力~:

« 話はIAIスタに行ってからだ | トップページ | vs名古屋 2 ~何とも気弱な・・・~ »