« vs浦和 1 ~やっとスタートラインに立てた~ | トップページ | 前振りのみ »

2015年6月 8日 (月)

vs浦和 2 ~褒めたのではありません~

誤解がないように書いておきますが前エントリでは出来を褒めたのではありません、やっと最低線戦えるチームになったという事です。

李選手の数本のシュートが決まっていれば大差での敗退もありましたがそれを乗り越えた以降は何とか試合になりました。
しかしやはり経験値、個人の能力、技術をカバーできるまでには至りませんでした、がもう戦術的はこれしかないというチームの方向性が見えました。

開幕以降、試行錯誤し敗戦の要因さえ明確にならなかったドン底からは這い上がったかなと。まだまだその程度のチーム力だとは思いますが光明が差しかけた事も事実。

この試合のエスパルスサポーターの評価はどうだったでしょうか?

この順位で勝ち点取れなかったんだからダメ?
浦和の選手は足が攣るほど走っていたのにうちの選手は?
対人で悉く負けていたからダメ?

色々な評価があると思います。

浦和の戦術としては前半相手を走らせて後半バテてきた所を料理するというのがあったかと思います、浦和の後半の得点の多さを見れば一目瞭然です。

前半、肉弾戦とも思える程両チームはガチガチ当っていました。うちを知る誰もがこれじゃあ後半持たないだろうと思ったはずですしそれが当然だと思われました。

しかし現実はどうだったでしょうか?

俺が戦えるようになってきたと思ったのはここです。全く足が動かないという事がなくなってきた、これはここ数試合感じていた事です。

走れずにサッカーになっていないという状況から脱したのではないかと。

順位は変わらず17位、誠に厳しいシーズンでありますがあえてポジティブに考えれば「走れるようになってきた」これをあげたいと思います。

清水エスパルス - サッカーブログ村
    ↑
  ポチッとな

|

« vs浦和 1 ~やっとスタートラインに立てた~ | トップページ | 前振りのみ »

清水エスパルス」カテゴリの記事

コメント

全く以て同感です。

自称陸上部を掲げて、ここにきてようやくその効果が見え始めてきたと思います。
若い選手も90分間のペースを身体で覚えてきました。
(サボるとか、途中で抜くということではありません)
怪我も。

投稿: Avilo | 2015年6月 8日 (月) 12:44

よく考えると、ウタカはアイスタでしか得点していません。

大前も、1得点(神戸でのPK)以外は、すべてホームです。

ダブルエースが、アウェーでPKの1点しかとれていないというのが、なんとも痛いわけで。。。

うーむ

投稿: 関東サポ | 2015年6月 8日 (月) 14:18

すいません、ちょっと訂正、神戸での大前の得点はPKじゃなくてFKでした。

投稿: 関東サポ | 2015年6月 8日 (月) 14:20

負けは負けで悔しいですが、以前に比べて試合内容は良かったと思います。

2014のスタメンで×だったからこそ、今の面々はフレッシュであり、失敗があっても向上心の方が上回って観えます。

たらればですが、今のスタメンでも今の勝率は可能だったかもしれない。

だからこそ、スタートラインなのかなと言える訳です。

投稿: ryo-1 | 2015年6月 8日 (月) 16:44

負けは本当に悔しい。
しかし、希望が見えたのは確か。
やっとだけど芯がぶれなくなってきたか。
まあ、今頃こんなこと…とか思うと
いろいろ思う所があるので複雑な気持ちですが。
それだけに次の甲府には絶対勝たねばいかん。

投稿: オレンジのヒゲ | 2015年6月 8日 (月) 17:33

昨日TV中継見てました。悲観する内容ではないし、悲観しててもしょうがないと思いました。今出来る事は昨日のようなサッカーを愚直に続けてく事だと思います。

投稿: とみぱる | 2015年6月 8日 (月) 23:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203713/61711711

この記事へのトラックバック一覧です: vs浦和 2 ~褒めたのではありません~:

« vs浦和 1 ~やっとスタートラインに立てた~ | トップページ | 前振りのみ »