« 岡ちゃん回想 | トップページ | 昨日の結果を受けて »

2015年6月 3日 (水)

どの世界でも一緒

昨日は自分の中での新規day、興津から52号を上がって南部町、富士川町、南アルプス市と飛び込み新規廻りしてきました。飛び込みといっても個人宅ではなくこの業界関係の会社ですからそれ程気後れはありません。

それでもその会社の前を一回通り過ぎて状況を確認して車が邪魔にならないような所に停め深呼吸を一発、もう何回か通っているような感じで挨拶しながら入って行きます。
何しに来やがったという感じの所、話を良く聞いてくれる所と千差万別です。
幸いな事に昨日は新規受注ができました、GOOOOOAL!です。でも単に点が入っただけで試合が終わった訳ではありません、既存取引先の反撃もあります。

攻めるのは比較的簡単です、精神的には。
取引、受注できなくても「0」は変わりませんから。数打って当たればラッキーくらいの気持ちで行かなければまた門前払い・・・また断られた・・・また受注できなかった・・・と落ち込むばかりです。

一方、逆に既存客を攻められると守備は大変です。相手が出した見積もり、条件等がわかりません、当然うちの条件、単価の下を潜ってきますから。
しかし長年こんな商売をやっていますとカマ掛けたり会話の中身でだいたいの所は察せるようになりました。

攻めるは易し、守るは難し。
どっかのチームも同じ。

最近、エスパルスのシュート数が増えています。かつて決定率が高かった事がありました、裏返せばシュート数が少ない、シュートは点が入りそうな場面じゃなきゃ打たないという事でした。

元紀のミドル、この前の川崎戦の石毛のミドルと最近はこちらが「打てsign01」と思った時に打っている感があります。以前は「何故そこでシュート打たないんだannoy」という場面がしばしばでしたが・・・
前に一回書いたっけかなぁ、試合でワクワクするのはカウンター時と選手がシュート体勢に入った時です。←親父個人の感想です。

既存客を廻る横パスも大切だけれども横パスばかりでは新規受注(GOOOOOAL!)が取れません、俺も仕事上で二桁得点できる選手になりてぇなぁって思っています。

清水エスパルス - サッカーブログ村
    ↑
  ポチッとな

|

« 岡ちゃん回想 | トップページ | 昨日の結果を受けて »

清水エスパルス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203713/61686928

この記事へのトラックバック一覧です: どの世界でも一緒:

« 岡ちゃん回想 | トップページ | 昨日の結果を受けて »