« 逆もまた真なり | トップページ | ここから物語が始まる »

2015年5月14日 (木)

長澤駿をどう見るか

Yjimage1_2

大人になるのダンダンnote

秘密を持つのドンドンnote

恋はダン・ダン by浅野ゆう子

浅野ゆう子が歌手だったって認知している若い衆も少ないだろうなぁ。

浅野温子は最初プレイボーイかなんか出たんじゃないっけかなぁ(記憶曖昧)

W浅野ならぬW杉山。

守備立て直しにW杉山先導GK力裕・DF浩太

ずっとボランチだと思っていた浩太がCBとなり今では3バックのリベロときている、だもんで試合前の選手紹介時の浩太の順番がだんだん早くなってるもんでゲーフラ上げるの焦るわ。
試合に勝った時の浩太の雄叫びはホントに勝利を実感させるなぁ。

さてタイトルの駿だが・・・皆さんは彼をどう見ているだろうか。

得点が少ない?
競り合いに負けてる?
キープできない?

ワントップ、高身長となればキーパーからのキックターゲットになり駿を目掛けてボールは蹴られる。当然相手DFとの競り合い、でも駿はほとんど頭に当てられない、よく距離感覚が悪いだなんだ言われるが・・・

駿の以前の評価って・・・足元は上手い、オフサイドが多いってとこじゃなかっただろうか。←親父が三保へ見に行っていた頃の親父の印象です。
それが武者修行から帰ってきたら「ヘッドも上手くなってる~」←これも三保親父の感想です。

今、駿は昨年のノヴァコの役割をやっている。そうやって見るとノヴァコってあのチームにあってよくあれだけの得点取れたなぁって今更ながら感心してしまうが・・・

さて競り合いに負けるって事ですがそれってどういう事だろうか、頭に当てられれば勝った事になる?DFとの競り合いなんだから競り合いに勝ったってそう自由にコントロールできないでだろう、要はそこからのセカンドボールを如何に取れるかってことじゃないだか。

このブログでは前々から清水を救うのは駿の“足の裏”って書いた。前線で足の裏キープしてくれれば相手DFは届かない、但し挟み込まれる可能性もあるのだから早い球離れも要求されるがそれには駿に程良い距離感で他の選手が絡んでやらねば。

まだまだ俺は彼の“足の裏”に期待したい。

清水エスパルス - サッカーブログ村
    ↑
  ポチッとな

|

« 逆もまた真なり | トップページ | ここから物語が始まる »

清水エスパルス」カテゴリの記事

コメント

なりきさん
ゲーフラの件、同じで笑っちゃいました。
自分も鳥栖戦でエダのゲーフラあげそこないました。

エダが2番目に呼ばれるって慣れないもんで。

投稿: オーチャン | 2015年5月14日 (木) 07:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203713/61579347

この記事へのトラックバック一覧です: 長澤駿をどう見るか:

« 逆もまた真なり | トップページ | ここから物語が始まる »