« vs名古屋 2 ~相手の注文通りに~ | トップページ | ギリギリ・・・か »

2015年4月21日 (火)

勝つために

シャーキーのお父上である高木豊氏が古巣横浜ベイスターズの6連敗をブログで嘆いておられるが・・・

今年のプロ野球は年間143試合、J1リーグは34試合、143÷37≒3.8。J1リーグでは1試合がプロ野球の約4試合に相当する。
するって~とリーグ戦4連敗は16連敗、公式戦7連敗はなんと28連敗に相当する。野球の6連敗ばか大した事じゃない。←慰めになっていない。

そして大きな違いはJリーグは「降格」があるって事。
この降格か残留かを経験した者にとってはプロ野球のファンが羨ましい、いくら負けたってファンは勝てるまで待てば良いんだから(そのかわり監督、選手にとっては悲惨な結末になる訳だが・・・)

今まさにうちは正念場、公式戦7連敗は俺的には全く気になっていないがやはりリーグ戦4連敗はきつい結果だ。

さて今後の日程だが非常にタイトな日程。

4/22 ナビ杯H仙台

4/25 リーグ戦A広島

4/29 リーグ戦H山形

5/2 リーグ戦A柏

5/6 リーグ戦H鳥栖

5/10 リーグ戦A神戸

どう?

中2日、3日が目白押し。あなただったらどんな先を見る?
全ての試合に全力を出すのも当然だが勝てる、あるいは負けない試合を決めるのも一つの方針じゃないだか。
どのチームも同じ条件でタイトな日程、全ての試合がベスメンという訳にはいかないだろう。
うちも同じ、全て全力で戦っては結果は悪くなる一方になるのではないかという危惧がある。思い切った捨て試合も必要ではないか。←表現が悪かったらスマン。

捨て試合って言ったってはなから捨てる訳ではない、ガッチリ守ってカウンター。
このカウンター、以前から俺が好きな形と書いているがなまじパスサッカーという言葉に縛られているくらいならやはり速さで勝負したいという気持ちが強い、今の状態ではパスが繋がらずパスカットされる場面が多いから。

日本代表のハリルホジッチ監督は日本代表の攻撃は遅いと。

ハリル日本、ポゼッション捨てカウンターで勝利を

正直、全くの同意見である。

カウンターについて最近書いた記事。

ポジティブ・・・になれるかな(2015年2月18日 記)

パスは前で素早くつながなければ(2015年4月1日 記)

点を取んなきゃ勝てない。

監督、一考を。俺ら得点と勝ち点に飢えてるもんで。

清水エスパルス - サッカーブログ村
    ↑
  ポチッとな

|

« vs名古屋 2 ~相手の注文通りに~ | トップページ | ギリギリ・・・か »

清水エスパルス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203713/61468939

この記事へのトラックバック一覧です: 勝つために:

« vs名古屋 2 ~相手の注文通りに~ | トップページ | ギリギリ・・・か »