« 9年目に突入します | トップページ | 引き算、足し算でプラスになるか »

2015年2月12日 (木)

理想と現実の狭間で

今年、東海・関東地区は昨年の倍くらいの花粉の飛散があるようですよ。花粉症持ちではない親父ですがシーズンになると1日か2日くらいは鼻水が止まらず目がショボショボする時があります、慢性にならなきゃいいんですが・・・

さてぼちぼち看板を陸上部から蹴球部に変えてもらわねば・・・と思う今日この頃、昨日の熊本戦にはちょっと心折れましたね。←まだ開幕していないのに。
あれで陸上部を名乗るのは陸上部にも失礼だ、ましてや蹴球部には程遠い。

昨日の試合のテーマは何だったんでしょうね、ここでいつも書くけど冠付きとはいえTMだから練習でやってきた事の復習で一つ一つチームで(選手個人もそうだけど)積み重ねていくものを増やしていって欲しいのだが。

俺だったら・・・

・選手の程良い距離感
・DFからのビルドアップ
・相手を追い込んでからのボール奪取(意思の疎通と予測必要)
・スペースへの顔出し(当然選手は動かなきゃならん、相変わらず足元ばっかで動かな過ぎ)
拓也の試合後のコメントでも
>今は「ボールを出すよ」というところに出してしまっているので、相手もプレッシャーにいけるし、もう一人も挟み込みに来ている。

まあこのあたりかな、試合だから総合的にやらなきゃならんけど現状では目標範囲を狭くして今日のTMの試合はこの点だけ重点とするってな具合。
疲れでコンディション悪いなら尚更、多分試合中疲れであんま頭が回っていないと思うぞ。疲れにはグリコのチョコ等甘いものを摂取。

今年のチーム目標は・・・

克己監督がいうところのいきなり“優勝”は非現実的としても残留争いからの脱却、順位一桁が妥当な線じゃないかしん。
いずれにしても勝つ、または負けない試合をしなきゃなんない。
外国人選手が合流予定だが彼らが入ればなんとかなるというもんではない、残念な事になんしょそこまで中々ボールを運べないのだから。

理想はボールも人も動くアクションサッカーなんだろうが昨年の記憶に残る得点の多くはカウンターから。手数を掛けてパスで崩すサッカーは理想だができなけりゃあカウンターも一考。

本音じゃあ華麗なパス回しも見たいけどシュートで終わる等攻め切っていない。それならボール奪ってから10秒以内でシュートまでいってもらった方がスッキリする。 俺は短気で堪え性がないからね。
今日、FC今治とのTMあるが練習生として入っているウタカ選手がベールを脱ぐかな、楽しみではある。

開幕までもう一ヶ月をきった、このままじゃあ昨年の二の舞。これからは急ピッチで開幕に標準を合わせなくてはならない。

|

« 9年目に突入します | トップページ | 引き算、足し算でプラスになるか »

清水エスパルス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203713/61122660

この記事へのトラックバック一覧です: 理想と現実の狭間で:

« 9年目に突入します | トップページ | 引き算、足し算でプラスになるか »