« 妄想させる風景 | トップページ | 全力清水 »

2014年12月22日 (月)

一年が終わろうとしています。

黒田官兵衛の最終回、見終わりました。地上波の20時からだともう寝てしまっている事が多くBSの18時からのを晩酌しながら見ています。
親父は日本史が好き、特に戦国時代が好きだもんでこの辺のドラマは良く見ます。

主役の岡田准一君は予想以上に上手くなったと思いますよ、今後期待される俳優だと思います。
黒田長政役の松坂桃李君は石田三成に陣羽織を掛けた時にもうちょっと凄みと言うか憎々しげな表情が出れば尚良かったと思うが。
後藤又兵衛の最期は鉄砲で撃たれあっけなかったですね、実際鉄砲で絶命したようですが馬上ではなく徒士だったので槍の又兵衛の最期としては少々物足りず。

メインテーマ曲も秀逸だったと思うぞ。

さて土曜日は仕事終わりに草薙で会社の忘年会。
社長、会長も参加していたので乾杯の音頭は御両人のうちどちらかにやってもらおうと思っていたのですが何故か幹事の親父にお鉢が回ってきてしまいました。

「俺にやらせると絶対に違う方向になるから」と固辞したのですがそれでも良いからというのでエスパルスの残留がどうたらこうたらと前置きして
「会社の益々の発展とエスパルスが来年ちょこっと順位が上にいく事を祈念しまして乾杯」という事に。

まあ地元だから許される事かな。

その後のビンゴ大会ではビンゴになった順で番号選んで景品がもらえるのですが最初にあがった部長が「14番」
何で14番?って聞いたらヨハンクライフの背番号だからだって・・・如何にも静岡らしい。

俺があがった時は「オレンジレジスタ杉山浩太の6番」って言ったんだけれどももう6番は既に他の人が・・・かなり飲んでいたのでわからなかった。
結局サポーターナンバーの12番にして電気敷き毛布をいただきました。

まだ暮れの休みまで一週間あるし会社の決算月が2月だもんで一年の終わりとは仕事上感じませんがエスパルスのリーグ戦も終わり何となく激動だった一年が過ぎたなぁって想いを募らせた親父でした。

また時間があればこのブログでもエスパルスの一年を振り返ってみたいと思います。←口ばっか

|

« 妄想させる風景 | トップページ | 全力清水 »

清水エスパルス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203713/60844773

この記事へのトラックバック一覧です: 一年が終わろうとしています。:

« 妄想させる風景 | トップページ | 全力清水 »