« vs名古屋 7【天皇杯】 ~PK戦制す~ | トップページ | ピストルから機関銃へ »

2014年10月12日 (日)

エノキイズムが滲み出てきた

告白します、PK戦になった時は逆の結果を予想していました、申し訳なしm(_ _)m

うちの誰かが外し名古屋が全員決めるって。
うちの衆ってメンタル弱いからなぁ・・・なんて思っていたらあなた、全員決めちゃったよ。いやぁ~落ち着いてた。そいだもんで“精神的にも一つ大きくなったhappy01”って書いたんだけど・・・すげえ頼もしく見えただよ。

平岡選手のコメント

>PKはプロ入りして初めて蹴った。直前に相手が外してくれたので楽な気持ちで蹴ることができた。練習でもPKは外していなかったので自信はあった。

試合中は泣き出しそうな顔の平岡(笑←スマン)がこのコメント。あの場面、決して楽な気持ちでは蹴れないとは思うがなぁ~、恐れ入りました。

名古屋・西野監督コメント

>予想以上にエスパルスがアグレッシブに入ってきた。逆にそこを狙ってはいたのですが。内容的には厳しい。全体的に(清水に)コントロールされたゲームだった」と悔しさをにじませていた。

さもあろう、今までのエスパルスとイメージが違ったんじゃないかな。
ゴール前の決定機(もしくはゲッティ2014080807110001機とも言う)を決められないのはまだまだだけどそれがまたJ1の厳しい舞台という事なんだろう。

大榎監督のコメント

>試合前に、相手のカウンターや高さ、リスタートに注意することはみんなで話し合ってきた。相手との平均身長差が4cmちょっと違うので、今日は機動力をいかし、足元にボールを繋いでスペースに出ていく、具体的にはセンターバックとサイドバックの間でダイアゴナルな動きを狙おうということを1週間、チームとしてやってきた。

高木俊幸選手のコメント

>今週の練習から本当によくあの場所に善朗がいて、練習通りの形だった。2点目のゴールは、練習の時から内田コーチに狙うように言われていたところだった。斜めの動き出しから飛び出して、ミツ(六平)のパスも良かったので、自分は決めるだけだった。

高木善朗選手のコメント

>ちょうど(俊幸)と目が合ったので、練習通りに決めることができた。前線はみんな小柄だったが、自分たちの特徴を活かして攻撃につなげることができた。

共に言っているのが練習でやっている事を表現できたという事、これは非常に大事な事で実戦に生かせる練習をやっているという事だろう。

守備に関しては・・・これはまた別の機会に。

さあこれで取りあえず賞金2,000万ゲット確定←デカイ 
残留争いをしていなきゃ集中して頂上目指すところだが大榎監督はどのような用兵をしてくるのか。

|

« vs名古屋 7【天皇杯】 ~PK戦制す~ | トップページ | ピストルから機関銃へ »

清水エスパルス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203713/60462211

この記事へのトラックバック一覧です: エノキイズムが滲み出てきた:

« vs名古屋 7【天皇杯】 ~PK戦制す~ | トップページ | ピストルから機関銃へ »