« vs大宮 2【J特】 ~吉田考~ | トップページ | 天地人 »

2014年4月14日 (月)

vs大宮 3【J特】 ~攻めきったかな~

浩太がすっかりクローザーになってしまったのが残念でもあり若手の台頭が嬉しくもあったりと複雑な親父です。

さて大宮戦の肝といえばやはりどれだけ家長選手を抑えられるかにあったでしょう、ホント相手にとってイヤラシイ危険な選手ですから。
実際、試合が始まって「アレッ?」

家長選手にボールが渡らないしちょっと下がり目、危険な所にポジション取っていない。ましてや大宮のパスがうちのプレスがあったからかもしれないが横へ、後ろへ、そして横へ。蟹さんパスが多く時間が掛るのでうちがバッチリとブロック作ってた。

以前、うちが蟹さんパスが多かったがこんな感じだった、一向に恐くない。再度「アレッ?」大宮ってこんなチームだったっけ。
でも今シーズンここまで11点も取っているのだから何かあるのだろうと、しかしスピードもなかったし裏を取られるって事も少なかった(オフサイドも結構取れた)きっとうちのDF陣は守りやすかったのではないかなと。

恩返し弾・ノヴァコの一点目

Game_photo_image3247
(オフィシャルより借用)

Resize0005

この写真をアップする時に気がついたんだけどコーナー付近で見ていた方々がいたんだな、きっとすごい臨場感だったでしょう。

元紀の二点目が入る前、中々プレーが途切れず準備していた浩太と村田が入られませんでした。
その前のカウンターでうちの選手もへばっていましたが大宮の選手も同様に足が止まっていたのでここで村田が入ればブッちぎりのカウンターが出来絶対にもう一点取れると思っていました。

櫛引がキックする時「出せ、出せ」と親父叫ぶ。彼が意識的かどうかわかりませんがサイドに蹴り出してミスキック?やっとプレーが途切れ両選手がピッチに入りました。

Game_photo_image3248
(オフィシャルより借用) 

そして親父大好きなカウンター、村田がボールを持った。「村田ぁ~、走れ~~~!」 真ん中に駿、ファーに元紀が走り込んでいる。
「村田ぁ~、大向こう、元紀、元紀」 その言葉が聞こえるはずもないが元紀にボールが渡った。

そして小さなライオンの右足が決定的な二点目をもたらしてくれたのである。

Game_photo_image3246
(オフィシャルより借用)

Resize0012

 村田は何度もガッツポーズしていた。

元紀はその前のカウンターで全力で走り足も限界に近かったであろうが村田からのパスを信じて走ったのだ。

決定的なこの得点で勝利を確信したがそれよりも大きかったのが 元紀の復活。
この日の元紀は足にボールがついていなくシュートも悉く芯に当たってなかった。それが目が覚めるようなシュート、本人もきっと気持ちが良かっただろうし吹っ切れたところもあっただろう。

この二点目のアシストは勿論村田だが浩太、村田両選手が入るキッカケとなったミスキックボールを出してプレーを切った櫛引のキックにハナマルをくれてやろう(笑)←勝ったから書ける事。

Resize0013

吉田の左サイド突破からのシュートにいかずパスを選択、河井のドリブルで持ち込んでのあと一歩のシーン(あれは河井の足が攣っていたようだ)等々あったが親父の希望通り攻めきったといえる試合ではなかったでしょうか。

でも、まーちっと早い時間帯に追加点欲しかったな。

 

|

« vs大宮 2【J特】 ~吉田考~ | トップページ | 天地人 »

清水エスパルス」カテゴリの記事

コメント

村田が登場するとエスパサポなら誰もが頭の中に、共通なシーンを思い浮かべます。

彼がファーストプレイでそのシーンを実現してくれるのですから、サポとしちゃぁ嬉しさ半端ではないのです。 

投稿: run | 2014年4月14日 (月) 08:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203713/59463336

この記事へのトラックバック一覧です: vs大宮 3【J特】 ~攻めきったかな~:

« vs大宮 2【J特】 ~吉田考~ | トップページ | 天地人 »