« 亜人夢が・・・ | トップページ | 思わず笑みが・・・ »

2013年2月 6日 (水)

TM vs水原三星

お仲間に触発されてお守りを買ってきました、清水ドリハウでは出ていたのが残り1個となりました(まだ在庫はあるかもしれんが)
このお守り、GK林がユニに縫い付けてくれんかな。文字通り「お守り」ってこんで。

さて期待と不安がいっぱいだった昨日の水原三星(韓国)とのTM、前半にいわゆるスタメン候補が出てある程度予想通りと言いましょうか、0-0のスコアレスドローとなったようです。

1本目のシステムは4-3-3。
GKに林彰洋。
DF は右から吉田豊、平岡康裕、カルフィン ヨン ア ピン、李記帝。
中盤はトリプルボランチで右から村松大輔、杉山浩太、李珉洙。
FW は右から八反田康平、バレー、高木俊幸
という布陣。

監督がオプションと言っていたトリプルボランチを試したみたい。浩太、大輔のプレースタイルは大体わかるのだが珉洙がわからないので何ともコメントのしようがないがディフェンシブなの?
ここでいう親父のディフェンシブっていうのは浩太のように縦へパスを出したりサイドチェンジするが自身の前への飛び出しが余りないってこんです。

バレーがCFとして入れば当然彼へのプレッシャーは相当なもんだ。彼への有効なパス、彼を囮にしての他の選手の動きが欲しくなってくる。
ボランチとFWの選手の距離間はどうだったのだろう、遠い関係では上記のようにはいかなかっただろうな、何かそんな感じ。

ワイドに八反田?彼の居場所はここ?白崎が入るもんとばっか思っていた。

まあ今は試行錯誤、キャンプ後半のTMに期待しましょう。

|

« 亜人夢が・・・ | トップページ | 思わず笑みが・・・ »

清水エスパルス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203713/56707031

この記事へのトラックバック一覧です: TM vs水原三星:

« 亜人夢が・・・ | トップページ | 思わず笑みが・・・ »