« vsC大阪 1【J特】我慢の限界 | トップページ | 伸二は何処へ »

2012年9月23日 (日)

vsC大阪 2【J特】染まらないで

昨日の昼間、次節の予習のつもりで仙台vs神戸戦を見てました。
仙台はまぁよく走るわ、連動してるわでよくアウェーでうちが勝てたな。中断のお蔭だったのかと。
決してビッグネームがいる訳じゃなしチームの連動性ってものを感じた試合でした。

次節仙台との試合は有給取って参戦予定、試合後にうち団でオフ会やるけど苦いビールbeerを飲む事になりそうな予感・・・全く弱気にさせる試合内容でした。 

 

 

さて以前宣言した通り親父が良いものは良い、悪いものは悪いと敵味方に拘らず感じるままに書こうって思っているので素直に書きます。

監督がしきりに言うオーガナイズって何?日本語に訳すと「組織的な」とかになるんでしょうか。

今までの試合での得点、勝利は決してオーガナイズされていたから得たものではないと思っています、守備に関しては多少それは感じますが。
最後のシュート、得点というのは結局は個の力が必要であってもしその個の力がオーガナイズという縛りで顔を出せないとなれば本末転倒だと思うんです。

誰それはシュート打つなとかあの距離でのシュートはダメとか勝手に前に出るんじゃないとか、それを守れない選手は干されてるとか・・・色んな噂が纏わりつくオーガナイズという言葉。

それが原因かどうかはわかりませんが岩下が去り枝村が去って元々大人し目の選手が多かったのに彼らが抜けより素直な選手達ばかりになったというのは言い過ぎでしょうか。
監督の戦術を一生懸命に理解し実践しようと思ってプレーしてこの結果です。

あそこに飛び込めばとかあそこからミドル打っちゃえとか思いますがそういうプレーは中々ありません。横パスの繋ぎ、バックパス等見慣れた想定内の動きを毎回見ています。勝負抜きにしたってサッカー自体の面白味が全くありません。

ヤングエスパルスと呼ばれまだ変えられる事は可能かもしれない、自分の持ち味をしっかり把握して枠に囚われないプレーを俺はこの先見てみたい。

※特にオフェンス

|

« vsC大阪 1【J特】我慢の限界 | トップページ | 伸二は何処へ »

清水エスパルス」カテゴリの記事

コメント

ディフェンスは決め事が大事です。
オフェンスは閃き、個の力、阿吽の
呼吸、アイデア。アルディレスが
そういったような事言ってたと思った。
ぺリマンはやや統制型だったけど
現監督のような恐怖政治じゃなかった。
このままでいいのか。昨日のセレッソ
の面白さ。降格争いしてるけどサッカー
は面白い。だから香川、清武らスケール
の大きい選手が出るんだろうね。
清水はこのままじゃあイエスマンばかりの
機械的にしか動けないつまらんサッカー
チームになってくような気がする。
河井君だって、いいように使われて彼本来
の攻撃的センスを封印してる。これじゃあ
彼はスケールの大きい選手にはなれんよ。
清水はファミリー、ゴトビが言うと鳥肌が
立つ様になってしまったよ。

投稿: オレンジのヒゲ | 2012年9月23日 (日) 11:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203713/55722868

この記事へのトラックバック一覧です: vsC大阪 2【J特】染まらないで:

« vsC大阪 1【J特】我慢の限界 | トップページ | 伸二は何処へ »