« 河井選手に応援メーセージを! | トップページ | 虎視眈々 »

2012年9月 7日 (金)

天皇杯に向けて

女房「土曜日は何時頃行くの?」

親父「シャトルが11時からだから10時半くらいに東静岡まで送ってって」

女房「○○(息子)も沼津の愛鷹球場行くっていってたから駅まで送ってかなきゃなんないし○○(娘)も街へ行きたいっていうし・・・私は美容院行きたいのにこれじゃあ行かれないじゃん」

親父「…」

以前書きましたが親父が乗っていた車をこの前廃車手続きしまして今は女房が乗っている軽が1台だもんで女房が送迎する割合が非常に増えました。平日、親父はその軽で通勤していますが女房が車を使うとなると会社まで送り迎えをしてもらっています。本人は結構大変なようで。

女房「こんなのきてたよ」

って見せたのはディーラーからきた新車の案内。

女房「車、どうする?」

見るとやっぱ結構しますなぁ、現金主義の我が家ではやっぱ一括で払いたいとこですがままならず。
小僧が自分で気に入ったもんを買えばそれでも良しとしていたんですが通勤も電車ですし車にあんま興味がないみたい。俺らが若い頃は車が欲しかったがなぁ、若者の車離れも結構すすんでいるようで。

今年中には結論出さなきゃって思っております。 

 

 

さてもう明日は天皇杯初戦、相手はアルテリーヴォ和歌山

全く知識がありません、和歌山からJ参入を目指しているチームです。
関西一部リーグで現在4位との事、11節を終わって得点8、失点15。この結果だけを見れば組易しとは思うんですが何しろ初戦に苦戦する我がチーム、当然相手もJ1チームを喰ってやろうという気構えでくるでしょうからおいそれとは勝てないでしょう。

メンバーも当然入れ替えがあるでしょうし若い力を見られるチャンスです、もしかしたらベテラン勢も出るかも。

何れにしても応援しなきゃ、まだ2回戦だからいいらと思っている方々も逢うスタ集合ですぞsign01

|

« 河井選手に応援メーセージを! | トップページ | 虎視眈々 »

清水エスパルス」カテゴリの記事

コメント

なりきさん、
・・・の際は是非一声かけてください(^-^;

投稿: Avilo | 2012年9月 7日 (金) 07:55

いよいよナビスコ杯も準決勝だと思ったら

天皇杯も始まるんですねぇ 選手層がそんなに

厚くないエスパルスは大変ですよね。

オイラは奥さんと愛犬孝行のために軽井沢へ2泊で行って来ます。

みなさんに魂を預けて行きます。お願いします。

投稿: MIKI | 2012年9月 7日 (金) 09:00

申し訳ないですけど,わたしが奥さんならキレます。息子さんの言う「駅」が静岡駅か東静岡かわからないけど,静岡駅ならバスで行けばいいし,娘さんだって。二人とももう大人なんだから,家族での外出でないなら自力でなんとかするべきです。
そしてもっと大人のなりきさんは,東静岡まで自転車ってテもありますよ。
会社まで送迎も・・・絶対たいへんです。奥さんの時間がもったいないと思う。なりき家で一日にのべ3人(うち奥さんが2人分)が会社への往復をしていることになりますからね。
まあ,それだけ家族の仲がいいということなのでしょうけど,でももう少し何とかしてもいいんじゃないかと思いました。
わが家はどこへ行くにも運転はわたしですが,亭主は自分がペーパードライバーだからということをわかっているのか,むやみに送迎を要求しないところはほめてあげてもいいと思ってます。

生意気&キツいこと書いて&清水ネタでなくてすみません。

投稿: さとう | 2012年9月 7日 (金) 13:11

まあまあ、さとうさん!

なりきさんちは奥様が優しくていいじゃないですか~

お互いに持ちつ持たれつってことで・・・なりきさんもきっとたくさん奥様孝行してるんだと思いますよ!

投稿: いとちゃん | 2012年9月 8日 (土) 01:50

桜橋⇒スタジアムをお勧めします

歩きでがありますぞ

投稿: ファンシー | 2012年9月 8日 (土) 03:11

>さとうさん

うぅ、さとうさんの言葉が体に突き刺さる。

まあ今日だけは女房に我慢してもらいましょう、いつも俺がアッシーだからね。
日曜日に三保に行きたい時も我慢してアッシーやってるから。

要するに車を買えって事かな。

投稿: なりき | 2012年9月 8日 (土) 09:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203713/55597977

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇杯に向けて:

« 河井選手に応援メーセージを! | トップページ | 虎視眈々 »