« 100点満点のゴールはいらない | トップページ | 補足 »

2012年7月26日 (木)

クロージング

営業系の仕事をやっておりますとこの「クロージング」という言葉によく出会います。
易しく言えばお客様、お得意様から最終的に注文をいただいたり契約をいただく事を示します。
要は営業掛けて注文をいただけるように活動する事です、それを営業のスキルと言ったりしますが。

会社ではこのクロージングをもっていわゆる売上が発生し利益というものが生まれ社員の生活の糧となるのです。

サッカーで言えばゴール、勝利がこれに該当するかもしれません。
ポジションで言えばFWが営業の最前線、MF、DF陣はそのサポートでしょうか。

営業が真面目で良く活動しているが売り上げが上がらない、結果が出ないとなれば会社は立ち行きません。  
そこでその営業に対してどのようにするのか、指示を出したり遣り方を指示するポジションがあります。それが営業課長であったり営業部長であったり実務の専務だったりします。
サッカーで言えば監督でしょう。

うちの営業(FW)は結果が出ていません、これでは会社は立ち行かないのです。いくら監督が良いサッカー(営業過程)ができているって言っても結果が出ていないのです。

確かにパスは良く回る、あと一息の所までいっていますが注文がいただけない、クロージングができないのです。
かたやライバル会社(相手チーム)はうちより簡単な?営業手法で(そう見えてしまう)受注(得点)します、クロージングされるのです。ホントやっきりします。

ゴール前(受注直前)になっても何故か遠回りしてサイドへ逃げる。お客様が、お得意様が買う気(ゴール)になっているのにそれを感じず営業部長の指示通りにサイドへ振ってみすみすクロージング(ゴール)のチャンスを逃す・・・サイドに振ってクロス上げたって中でクロージングできる選手が見当たらないのに・・・

もっとシンプルに。時にシンプルっていうのは美しいもんです。
前エントリで書いたようにクロージングの形は問わない、注文(点)取ってくれ~sign01今月も赤字(負け越し)になるぞsign03(切実な願い)

PS.監督批判と受け取られても結構です。

|

« 100点満点のゴールはいらない | トップページ | 補足 »

清水エスパルス」カテゴリの記事

コメント

営業の方は本当に大変なお仕事をされてるんですよね。
親父さんも営業だということですし、どうしても
サッカーでいう営業(FW)に目がいってしまいますよね。(今の清水なら誰が見ても、そっちに目がいってしまうのは一緒ですが、笑)
FWが営業、監督が上長、DFは事務、総務?
すいません、会社人間ではないのがバレバレですね。
ところで、サポーターはどこに該当しますかね?

投稿: エスパルスサポーター | 2012年7月26日 (木) 21:06

受注も大事ですが営業過程も大事ですよ。
受注至上主義の企業が「悪質な訪問販売業者」として法的制裁を受けるなんてのは良くある話です。
営業部長だって「受注が取れそうな時に遠回りしろ」なんて支持はしてないでしょう。
若い営業が受注のタイミングを測れていないだけなのでは?
若い営業に「形は問わないからとにかく注文をとって来い!」なんて怒鳴りつけるだけなら、それこそ営業部長失格ですよ。

投稿: まぁまぁ | 2012年7月27日 (金) 01:53

>エスパルスサポーターさん

コメントありがとうございます。
こんな事書くつもりじゃなかったんですが実生活に妙にリンクするもんで。

なるほど、サポーターの位置ですか、これは考えさせられますね。
スポンサーでもなく株主でもなく俺的には働いてる衆の家族、ファミリーですかね。
一心同体じゃないですかね。

>まぁまぁさん

コメントありがとうございます。
仕事をしてますとまぁまぁさんが言われるように営業過程ってやっぱ大事ですよね、そこに仕事の遣り甲斐ってのも感じます。

元祖三保親父としては営業過程である練習が大事だと思っています。やはり練習でできないもんは試合でもできないと考えています。

練習内容を考えるのは監督です、普段の練習の指示がマッチしていないとなればやはりダメじゃないかなと…いかがでしょうか。

投稿: なりき | 2012年7月27日 (金) 03:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203713/55284530

この記事へのトラックバック一覧です: クロージング:

« 100点満点のゴールはいらない | トップページ | 補足 »