« vs鹿島 2【J特】 | トップページ | 仙台戦プレビュー »

2012年5月 5日 (土)

vs鹿島 3【J特】

天下のSBS(静岡放送)さんが地上波で清水vs鹿島を18:30からゴールデンタイムで放送するという暴挙快挙に出て嫌な予感がしたんですが・・・
試合会場にてワンセグmobilephoneで見られるというのも変な感じで。昔では考えられない時代になったもんです。

Resize0965

しかも解説陣が健太氏、ノボリ氏、安永氏という錚々たる面々、いやぁ~清水ならではですなぁ。ちなみに健太氏は白の上着、ノボリ氏は黒の上着だった、白星がいいなぁ、健太氏頑張れ!←なんのこっちゃ。

視聴率がどんだけあったかは不明だが試合内容からいってそこそこの数字を取れたんではないかと推察。実は視聴率がどんかいあったかちょっと調べていたらこんなサイトが。これを見ると茨城って地元局がないんだな、NHKや有線はあると思うが・・・
要はスポパラもLOCOエスパルスもエスパルスファイルもキックオフも夕方の地元スポーツニュースも何もないって事、静岡が如何に恵まれているか実感。

前書きが長くなってしまいました、さて試合は・・・

Resize0970

アレック、ジミーの出場停止でCF、FW陣の構成が気になるところ。

スタメン
GK 林
DF 吉田 岩下 キャラ 記帝
MF 大輔 伸二 河井
FW 翔 元紀 俊幸

注目のCFには翔が入った、またトップ下は河井が。

まず翔の事を書かずばなるまい。攻撃に関しては彼はCFの役割は理解していたと思う。それが開始5分の先制点につながった。味方の攻撃時、中央で構えているという姿だったが彼には悪いが運良くボールがこぼれてきてそれを押し込んだ。華麗な得点ではないがそういう得点感覚があったという結果。

Resize0982

2点目は俊幸、彼はあの左45°付近を自分のものにしつつある。自分で持ち込んでフェイク、そしてシュート、ますます磨きshineをかけて欲しいもんだ。彼自身もかなり自信を持ってきたようだし。

Resize0978

3点目は元紀、左俊幸からのクロスをボレーシュート。10本打って何本決まるかっていうシュートだった。正直なところボレーした瞬間俺はゴールを期待していなかった、2階席まで飛んでいく大ホームランだと思った、それ程確率の低いと思われるシュートを決めてくれた。

3点ともFWの得点、親父の記憶が確かなら一昨年の大宮戦?に出たFW全員が決めたっていうのがあったような・・・むっ、3年前だったかな、よく覚えておりましぇ~ん。

スポットが当たるのは攻撃陣ですがやはり何と言っても見逃せないのが守備陣の踏ん張り。
大輔、キャラ、岩下の3人はほとんど鹿島攻撃陣に仕事をさせなかった。
特に大輔は完全に確変モードに突入、何があったか本人に聞いてみたい。
キャラは以前なら力で相手をねじ伏せていた感じだがこの頃は柔軟性というか力強さの中に上手さを魅させてくれるようになった。
岩下はDFリーダーとして本当に頼れる存在、前の選手達が守備をキチンとしてくれるので彼も無理なディフェンスをせずに済んでいる、イエローも少なくなるかな。

あと親父的に感じたのは河井君、存在感を見せてくれたがシュートがねぇ。彼にはテクニック系のシュートを期待している、すげぇ~っていうシュートsign04soccerでの得点を。彼ならできる。

当然両SBの出来もいいよなぁ~。

しかし鹿島は以前のイメージが全然なかった、それだけうちの出来が良かったからかもしれないがあれじゃあサポも納得しないら。うちが悪かった時とソックリ、中盤ポッカリあいていたし。
まあ勝てる時に勝っておかないといつ逆になるかわからないから。

さて上昇気流に乗っていざ仙台へ。

Resize0979

|

« vs鹿島 2【J特】 | トップページ | 仙台戦プレビュー »

清水エスパルス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203713/54633323

この記事へのトラックバック一覧です: vs鹿島 3【J特】:

« vs鹿島 2【J特】 | トップページ | 仙台戦プレビュー »