« デジカメ | トップページ | 辻尾スペシャル »

2011年4月 3日 (日)

ほろ苦い投げキッス

昨日のエントリ通り朝一デジカメを買ってきました。おぉ凄い、15倍ズームだ、1,400万画素だ(あんま画素数は関係ないけど)

逢うスタで開場までの待ち時間に説明書を必死で読む、なんとかできそうだ。

Resize0246

開場後、またお仲間さんが走ってくれ中央ホーム寄り最前列GET、これで選手の息吹が聞こえます。

ゴトビ監督と京都・大木監督が何やら話を。

Resize0247

最初は通訳さん入れて話していたみたいだがその内2人きりで・・・何を話していたんでしょうか。

Resize0248

あぁ、音声も15倍が欲しい。

さて試合が始まります。

Resize0249

序盤は非常に良い出来だったと思う、プレスも連動して掛けて結構追っていたし。そんな中、真希のヘッドでのGOOOOOAL!が決まり1-0。

しかしその後は徐々に京都がペースを掴んでいく、前半終了。

後半

Resize0250

伸二に代わって高木登場。だが中々プレスが掛からなくなってきて京都のパスが面白いように繋がる。
うちの攻撃といえば単発でしかなく畳み掛ける様な凄さが全然ない。

もはや最前列サポのアイドルになりつつあるこの選手、特に後半は。

Resize0251

残念ながらその辻尾が振り切られてシュート打たれそれが決まり同点、1-1。

前も書いたけどうちのSBは攻められている時に中に絞っているから逆にサイドチェンジされると相手は完全にフリー、そこから守りに入るので一歩も二歩も遅くなる。これは改善の余地あると思うがなぁ。

後半はポゼッション4分6分くらいで京都、うちはシュートまで中々持っていけない。その中でも一番前を向いてシュートしたのは高木、その意識を皆に持ってもらいたい。
サッカーはパスを繋げるゲームじゃなくて相手より1点多く取るスポーツだから。

後半の後半はプレスが全然効かなくて京都のパスばかりが繋がる、ここだけ見ればかなりの重症だ。

伸二が下がった後は日本一大人しい、声が全然出ないチームに成り下がる。よくこれだけ声が出ないもんだ、前列サポの方がよっぽど声が出てる(笑

結局1-1の引き分けで終了。

前回の横浜FC戦同様、挨拶にきてくれ投げキッス(1回のみ)してくれたゴトビ監督だったがそれは余りにビターでした。

 

あっ、クイズの正解です。

MIKIさんが「答えはゴトビ...五とびだからです。」ってコメントくれました。基本的には正解なんですが「どんな日でしょうか?」という事なので「5・10日」いわゆるゴットービが正解でした。
今まで黙っていましたが正解のコメントいただいたらオランダでのアヤックスとの試合をファーストクラスでご招待だったんですがね。

・・・って訳ないか。

|

« デジカメ | トップページ | 辻尾スペシャル »

清水エスパルス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203713/51281607

この記事へのトラックバック一覧です: ほろ苦い投げキッス:

« デジカメ | トップページ | 辻尾スペシャル »