« vsFC東京PV | トップページ | 健太監督、今季限り »

2010年10月30日 (土)

コンチクショーの敗戦

録画見終わりました、金曜日の夕方までは行く気満々だったのですが拠所ない事情で参戦できず・・・チケット無駄になってしまいました。現地参戦の皆さん、寒い中本当にお疲れ様でした。

結果論から言えばコイントスに負けた?(多分)時点で既に暗雲が立ち込めていた訳で。
いつもとは逆の攻防、風雨が前半は風下、後半は風上になるだろうと思いきや神様の悪戯か、はたまたRAIJIN様の気まぐれか風が逆になりまたまた風下に。しかも風速5㍍
これは凄いハンデだった・・・と思いっきり負け惜しみを言ってみる。

残念というか悲しい事は腰痛の伸二を出さなきゃならずまた完調ではない岡ちゃんも入れなければならなかった事。
伸二は腰痛で顔をしかめていた、早く代えてやれよと思っていたが監督としては代える算段ができなかったとみえる。代わりがいないっていう判断なのだろう。伸二に対する絶対的な信頼感は良いのだが得てしてそれは不信感に変わる。

岡ちゃんが入ってからは裏を狙う動きをしてくれ相手DFが下がり気味になり何とか攻撃の形ができた。
フローデもあれだけチェックが厳しいと本来の良さが全く出なかった、フローデ目掛け放り込み、当ててくるのは周知だから。来年の事はわからないがもしフローデがいなくなったらという事を考えてパスで崩していけるような練習をした方が良いと思う。
パスで崩す・・・これだけ動きが少ないと難しいと思うが。

うちのチームって守備の時、サイドから攻められてもSBが中に絞っているもんである程度自由にさせてしまっている。これは個人の所為ではなくチーム戦術がそうさせている、SBは飛び込まず相手についていき中はCBに任せる方式だから2失点目のように平山に誰もついていなくフリーでゴール前にボールを入れさせてしまうパターンがままあるのだ。

結果は1-3であった(公式は1-2だが西部のファンブルは完全に入っていたな、いくら応援しているチームでもあれは後味が悪い)
G大阪、C大阪が負け川崎が引き分けたのに勿体無い。優勝をあきらめ3位以内という風に目標を下げているのにそこまで果たして到達する事ができるのか、甚だ疑問である。

山形戦では「白星は七難隠す」と勝っても不安感一杯だったが案の定「七難表れ黒星となり」

第1章を終わります。

|

« vsFC東京PV | トップページ | 健太監督、今季限り »

清水エスパルス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203713/49888117

この記事へのトラックバック一覧です: コンチクショーの敗戦:

« vsFC東京PV | トップページ | 健太監督、今季限り »