« その時エコパが揺れた | トップページ | エスパルスが止まらない »

2010年5月 3日 (月)

俺の出番はきっと来る

まだまだ興奮さめやらぬ連休の月曜日、私も昨日無事伯父さんの葬儀も終わりこれでやっと連休が迎えられます、でもまた4日には義父のお見舞いに伊豆まで行かにゃんなりませんが・・・

普通なら赤組さんとの対戦での勝利で一週間はブログを書き続ける事ができますが次節京都戦がもう5日にありますので今年の優勝を宣言している我がチームにとって赤組に勝っても京都に勝っても同じ勝ち点3なのでもう後ろを振り返ってはいられない状態です。

前節でGK西部が脳震盪を起こし後半から武田が何気にリーグ戦デビューを果たしました。
カップ戦では出場を経験しているとはいえリーグ戦で4万人近く入ったホームのエコパ、ましてや赤組戦、ましてやその赤組応援団を真後ろにかかえ、ましてや品の無いブーイングを浴びせられるという何十苦に対しても動じなかった武田、こちらが心配するより頼もしささえ感じる。

2010050117100401

西部、海人の影に隠れ第3GKとGKとしてはほぼ出場の機会がなかろうと思われていた今シーズン、海人の開幕前からの離脱で奴にもチャンスが。
三保で練習試合なんかを見ていても彼らに遜色なくあとは経験だと思っていたが思わぬ形でそれが実現。

次節京都戦ではスタメン出場しそうだ、彼にはこのチャンスを生かしてもらいたい。

 

浦和戦、最後の平岡の頑張りには胸を打たれるものがあった。
今シーズン、青山の長期離脱で岩下、ボスナーのバックアップとしてレンタル先の札幌から復帰してくれた。札幌ではCBではなくSBでの起用もあったが岩下の離脱後はボスナーとのコンビも上手くこなし既になくてはならない選手になった。
この時点で青山、岩下のバックアッパーという言葉は彼に対して失礼だろう、青山、岩下が平岡のバックアッパーになっているというのが正解だ。

 

神様というのは人に対して平等なのだろうか、人に試練を与え人にチャンスを与える。
いくら絶対に出番はくると思って練習していても出場できない選手は沢山いる、いかにモチベーションを保ちながら日々過ごすことなんだろうなぁ。

今ここまでは天の時、地の利、人の和、全て良い方に流れている。

|

« その時エコパが揺れた | トップページ | エスパルスが止まらない »

清水エスパルス」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
今回の浦和戦の勝利の表の立役者はヨンセン・岡ちゃん、それに兵働でしたが影ではこれまで日の目を見なかった武田や平岡の力が大きかったと思います。特に武田はあの局面でリーグ戦デビューとは、まさに悪条件が重なった中であの活躍は素晴らしいです。平岡もレギュラーと目されていたアオや岩下が離脱し苦しい中でよくその穴を感じさせず頑張ってくれています。やはり普段から諦めず、上を向いて真摯に練習に取り組んできたのがこのような活躍に繋がったのでしょう。これは離脱中やベンチにさえ入れない状態の選手にとっても、そして今レギュラーの選手にも必ずやいい刺激になるはずです。個人としてもチームとしてもこうして「強く」なっていくのです。

武田・平岡、エスパルスの戦いぶり、そして昨日の甲府から「絶対に諦めない」事の大切さを再認識させられました。それは応援するこちらにも言える事であり、後押しする立場が真っ先に弱気になってはいけませんよね。5日の京都戦の朗報をヤマハのアウエーゴール裏でお待ちしています。

投稿: 静岡熊 | 2010年5月 3日 (月) 19:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203713/48252447

この記事へのトラックバック一覧です: 俺の出番はきっと来る:

« その時エコパが揺れた | トップページ | エスパルスが止まらない »