« 健太監督、続投 | トップページ | エスパルスからのメールです »

2009年10月 1日 (木)

長沢駿

これから総力戦となればやはりサブ、サテから這い上がってきてもらいたい選手がいる。特にFW陣にはやはり期待したいところ。

うちのFWといえばフローデ、岡ちゃんを筆頭に一樹、永井、駿、木島ゆってぃ、元紀といるがフローデを除けばどちらかといえば裏にぬける選手、ドリブルでかわしていくタイプの選手が多い。
その中で駿は他FWとは違い高さを持っている、永井も高さがあるがそれで勝負できる選手だとは思わない。駿にはその高さを武器に他FWとは違う期待感がある。

私はユース時代の駿は2~3試合しか見ていないので大きな事は言えませんがプロになって三保での練習、練習試合を見ている限りでは足元は悪くないと思うが高さには不満がある。
後方からフィードされるボールは駿をターゲットに蹴られるんだが競り勝てない、ヘッドに当てられない事がしばしばある。
フローデを見ていると大概競り勝ってヘッドに当ててるしまたそこから有効なパスが出る事が多い。またグラウンダーのパスもほとんどキープし柔らかいパスも出せる。

タイプが違うかもしれないが駿が今後生き残っていくためにはやはり高さを武器にしないと、近くに良い手本があるのだから高さ、キープ力、楔のパス、この辺の技術を是非盗んでもらいたいもんです。

公式戦で駿が途中交代で入ると思わず立ち上がって拍手で迎える親父より。

|

« 健太監督、続投 | トップページ | エスパルスからのメールです »

清水エスパルス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203713/46359817

この記事へのトラックバック一覧です: 長沢駿:

« 健太監督、続投 | トップページ | エスパルスからのメールです »