« シュートPartⅡ | トップページ | vsフォンダFC »

2009年10月22日 (木)

中盤ポッカリ病

シュートを打てない事ともう1つ心配なのは中盤がポッカリと空く事です。
以下、サッカーを知らない素人親父の独り言だと思って下さい。   

左SH  岡崎  フローデ  右SH

    

     

      

      テル    真希

太田  児玉   岩下   市川
※左右SHの名前を書かないのはちょっと思うところがありまして

↑は極端な例ですが時々このような時もあります、真ん中に中盤がいなくて広大なスペースができます。守備のブロックをつくるのが得意になってしまっているのでボランチを含め下がり気味で前にいけないのです。
時々テルあたりが前にいっていますがそれも一試合のうち2~3回の事です。

前との距離がありすぎるのでフローデ目掛けての縦ポンサッカー、裏を狙って相手DFラインに揃ってしまう攻撃陣。
裏を狙う意識と飛びこんでくる意識がないと中々シュートをうてません。

試合を見ていてここのスペースにうちの選手がいなかったら多分苦戦でしょう。

個人的にはSHのところにサプライズがあってもいいんじゃないかと思っています、また同じ面子でしょうか。 

 

オフィシャルにメディア出演情報が出ていたんですが

うるぐすスピンオフ美男美女SP
有名人のパワーの源を探れ!     出演選手岡崎慎司選手

ごめん、岡ちゃん。思わずニヤッとしてしまった。

   

|

« シュートPartⅡ | トップページ | vsフォンダFC »

清水エスパルス」カテゴリの記事

コメント

この『中盤ポッカリ病』はリーグ戦前半のなかなか勝てない時期にもありました。歴史は繰り返される…

投稿: じねんじょ | 2009年10月22日 (木) 18:27

流石に大分戦のお疲れが残りぎみなので、(優勝!に向け試金石となる)FC東京戦には行けませんが、ボックスとかダイヤモンドでMFを固定的なシステムで組み込むのは×ですね。特に攻撃においては、個々の性格なのか自由度が無さ過ぎる。2FWを生かす為にもサプライズもありだと思います。少なくともゴールに向かって、一歩でも前に進むドリブルをしてからパスを選択するべきではないでしょうか?また太田からのアーリークロスはもう相手も折り込み済みで、精度も欠いており守備に尽力してもらいたいものです。

投稿: ryo-1 | 2009年10月22日 (木) 21:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203713/46550194

この記事へのトラックバック一覧です: 中盤ポッカリ病:

« シュートPartⅡ | トップページ | vsフォンダFC »