« チャンス到来 | トップページ | まだまだ »

2009年9月20日 (日)

勝ち切った

というのか逃げ切ったというのか。

鹿島と川崎が負けてガンバ、新潟、FCが引き分けと願ったり叶ったりラジバンダリ。これで暫定ですが2位に浮上、首位鹿島との勝ち点差が「4」
くぅ~、背中が見えてきました、一時は勝ち点差が17くらい離れていたそうだからいかにうちが夏になって勝ち点を取ってきたか、負けなかったかという事がはっきりわかります。

2試合連続の1-0での勝利。勝ち切った、逃げ切ったという結果に対しては充分満足なんですが試合内容・・・ってとこに触れるとまだまだ満足はできません。
岡ちゃんはやっぱマークがきついですね、ストライカーとしては宿命ですんでしょんないとこです、でも奴はきっとそれも乗り越えてくれるでしょう。
フローデ、凄すぎ。得点場面は当然そうだったんですがもう基点というのかフローデ頼んだよというパスを悉くキープ、守備でも大活躍、いやはや試合を重ねる毎にその凄さを感じます。

そんな中、岡ちゃんに代えて淳吾、枝村に代えてパウロおじさんと2試合とも同じ交代。
折角サブで一樹と永井を連れていったんだからどちらかは使って欲しかった、2点目を取るって意識付けもそうだけど相手にとって驚異に感じられる選手が欲しかった。

1-0じゃあ何が起こるかわからない、不運なバウンドがあって敵にラッキーな場面ができてしまう可能性だってある、まぐれでミドルシュートが入ってしまう可能性もある。
同点されてアタフタしてFWを入れるような采配はとって欲しくないな。

今日の柏vs広島如何だけど(柏、頑張れ!)順位はともかく勝ち点差4は紛れもない事実、1つでも縮められるように勝ち続けていきましょう。これからだね、プレッシャーがかかるのは。

|

« チャンス到来 | トップページ | まだまだ »

清水エスパルス」カテゴリの記事

コメント

おはようございます
ほんとヨンセンは年齢を感じさせない働きですね。かえって年齢を重ねるたびにその技術は円熟味を増して達人の域に達しているのではないでしょうか。ベテラン健在なり

投稿: やま | 2009年9月20日 (日) 09:17

こんにちは。
これまでのエスパルスでは、周りがみんなこけて上位に行くチャンスの時は悉くそれにお付き合いしてきた印象がありますが、苦しい中でよく結果を出してくれました。これもチーム全体の成長の証でしょう。こんな時に頼りになるのはやはりベテランですね。昨日はヨンセンの背中がいつも以上に大きく見えました。ただ健太の交代策はいただけませんね。淳吾の調子はいまだに戻らずFWも他にもいるのに使わないのはもったいない。それがいずれ致命傷にならないといいのですが。

今日はこの後広島の試合です。勢いに乗ったときの広島を止めるのはどこでも不可能です。10月までお互いこの調子を持続したいですね。

投稿: 静岡熊 | 2009年9月20日 (日) 11:02

父が入院して忙しい日々、その中で疲れた心を思いっきり癒してくれたのがうちの子っち。ありがたいです。内容より結果、今回はこれで充分です。淳吾の復活を待つ身としては使ってもらえるのはありがたいけど・・・昨日の場面では一樹または永井さんではなかったかと。なんのために二人を真希をはずして連れて行ったのか・・わからなくなります。でもここぞという試合でことごとくこけていたエスパルスさんとは違いましたね。怖いくらいです。ヨンセンさま、凄すぎます。

投稿: 藤パル | 2009年9月20日 (日) 15:48

>やまさん

コメントありがとうございます。
昨日の地元紙でもフローデ自身が自分の調子良さを語っていました。正直、こんなにフィットするとは思っていませんでした。

>静岡熊さん

コメントありがとうございます。
淳吾はねぇ・・・まだまだ我慢ですかね。FWとして使うのが定番になっていますがその辺はどうなんでしょうか。

>藤パルさん

コメントありがとうございます。
お父様が入院されたんですか、それは大変でした。やはり気持ちが沈みそうになった時うちの子っちから良い報せを聞くと和みますねぇ。
やっぱFWを使って欲しい気がします。

投稿: オレンジ親父 | 2009年9月21日 (月) 03:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203713/46257076

この記事へのトラックバック一覧です: 勝ち切った:

« チャンス到来 | トップページ | まだまだ »