« JAしみず殿 | トップページ | 余計に負けたくない »

2009年8月 1日 (土)

浦和レッズ

普段はエスパルス辺境ブログという事でなるべく他チームからのアクセスが少ないようにヒットしそうなタイトルはつけていませんでしたが試合前日であるのに親父にしては珍しくタイトルをあえて浦和レッズとしました。

浦和レッズの一部サポーターによるサポーター逮捕事件、日本平で起こったトイレットペーパー投げ入れ事件と弊クラブのスポンサー様看板を弾幕で隠す事件と報道が重なった訳ですがこれに対してのレッズクラブ側からの対応が出ました。

クラブにとってサポーターは大事だと思います、特に熱狂的にアウェイまで遠征してくれているサポーターはきっと少なからず何かしら犠牲にしてチームのために応援しているんじゃないかと思います、尤も本人にとってはチームを応援する事が喜びであって犠牲にしている認識はないと思いますが・・・

しかしクラブもそれに甘えちゃあいけないと思うんですよ、サポーターも応援するクラブを選ぶ権利がありますがまた反対にクラブだって応援してくれるサポーターを選ぶ権利だってあると思うんです。自分のクラブの方針に合わなければ受け入れる必要性はないと思います。
だからそのクラブの一員だって胸を張れる行動をしなきゃなんないと思うんですよ。これは別にレッズの事を言ってるんじゃなくて各チーム同じだと思います。

自分一人だけのチームじゃない、俺なんかこんなブログやってるけどホームにも満足に応援に行けないし本当に恥ずかしいくらいですが何とかサポーターではなくファンの一員として末席に座らしてもらっています。なんとか清水の名を汚さぬようにしようと思っています。

浦和レッズさんは凄い動員力です、J2に降格した時も変わらずに応援していました。その部分は尊敬に値します。
例えば6万人動員したとしましょう、その内10人がこのような行為をしたならばもう6万人全部が同列になってしまうんです、6万個商品を出荷して10個クレームがついたらその6万個はダメなんです、特に製造業に携わっている方ならおわかりでしょう。そのクレームが起こったら即対応、即改善策を出さなきゃ今の時代は受け入れてもらえないんです。
その後の信用を取り戻すにどのくらいの手間と時間がかかるか・・・

レッズのクラブが出した対応策はオフィシャルでの謝罪、クラブサポーターに対してのお願い、そして安全で快適なスタジアムづくりに警備員を増やしたりして暴力行為を防ぐって出てましたが根本は違うんじゃねえの?って感じを受けました。

原因はともかくこう問題が度々起きるのだから主たる応援団の方に集まってもらって話し合いしなきゃでしょう、うちのクラブの方針に合わなきゃ応援してくれなくてもいいってくらい強い態度も必要だと思いますよ。これは自戒でもある訳ですが。
皆、サポーターは愛するクラブを背負ってるつもりなんですがどうかするとその意味を履き違えてしまうとこもあるかもしれない。

あなたのクラブのプライドって何ですか?

何かレッズ戦を前に波風立たすようなエントリをしてしまいました。
個人ブログなので何を書いてもいいってつもりはありません、自分では道理だとは思うんですがこれも個人個人の想いってあるでしょうから当然反発も予想されます。
コメントいただいても基本的におちゃらけ以外は削除はいたしませんのでもしコメントされる方はコメントして下さい。
50歳親父の酔っ払い妄想ブログです。

※今回は応援時におけるチーム方針との相違という根底です。
しかしレッズさんの応援の方がいらっしゃったところはゴミがそのまま放置されてますな、プライドがあるならその辺から考えた方が良いのではないですか。

|

« JAしみず殿 | トップページ | 余計に負けたくない »

清水エスパルス」カテゴリの記事

コメント

突然のコメント失礼致します。
失礼ながら、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://sirube-note.com/guard-member/

もしよろしければ、こちらのページから相互リンク登録していただけましたら幸いです。
http://sirube-note.com/guard-member/link/register/
今後ともよろしくお願い致します。
bZBfiOj6

投稿: sirube | 2009年8月 1日 (土) 16:56

こんばんは
レッズ球団は大甘ですね。弾幕の件の謝罪文でもまったく具体的な対策が書かれていません。一企業の謝罪文にしてはお粗末過ぎます。私も製造業の現場で働いていますが、商品にクレームが起きたときはお客様には謝罪文に今後の対策、改善も記しています。
今後はこの様にしてクレームを防止しますからぞうぞ今回はご容赦下さいと言って頭を下げなければ許してもらえない時代です。クレームの対応を一歩間違えれば企業なんて簡単に消滅します。アウスタでの弾幕のクレームは今回で2度目、レッズ側の具体的な対策がなければ3度目も起きそうで心配です。3度目が起きないような対策を切に願うものです。

投稿: やま | 2009年8月 1日 (土) 19:05

>例えば6万人動員したとしましょう、その内10人がこのような行為をしたならばもう6万人全部が同列になってしまうんです、6万個商品を出荷して10個クレームがついたらその6万個はダメなんです

今まで、この事件に関するいろんな方のブログを拝見して感じていたモヤモヤがこの例えで腑に落ちました。

自分も製造業で営業やってるので、クレーム対応の重要性・難しさは理解できます。
たとえ自分のミスでなくても、自分たちの会社が起こしてしまったミスは、自分の責任として捉え誠意を見せないと許して頂けない(誠意を見せても許していただけないことも多々あり)んですよね。

まあ、スタジアムで暴力事件を起こすような29歳無職君には全く理解できないでしょうがねw

投稿: 渡辺 | 2009年8月 1日 (土) 22:48

はじめまして、いつも更新を楽しみにしています。今回の件については、残念ながら清水サポからすれば、「また浦和か」とか「やっぱり浦和は…」と思う人が多いのではないかと思います。あれだけの応援ができるサポーター集団なのですから、基本的な常識は守っていただきたいと僕は思います。もちろん浦和サポ全体が悪いわけではないので、浦和はチームとしてはっきりとした対応をしてもらいたいですね。このような中途半端な対応は、浦和サポ全体の評判を下げるだけだと思いますが…。長文失礼しました

投稿: chiku | 2009年8月 2日 (日) 01:17

おはようございます。
浦和のクラブとしての対応ではサポがああやって増長して他所に迷惑をかけるのも分かる気がします。こちらの職場でもクレーム処理には最善を期して後に引かないよう抑えるのに苦心しております。それが当たり前のはずですが。どうやら浦和は今の「日本一の熱狂的なサポ」を維持したいからお茶を濁して事実上放置するつもりのようです。そういう甘い態度だからサポも「自分達さえよければ何やってもいい」と思い上がると思います。しかしそんな「偽りの熱狂」は簡単に消えるものです。表面的な盛り上がりはあちらの方が上かもしれませんが「内面的な真の盛り上がり」はエスパルスの方が上だと思っています。

今日はそんな浦和相手にアウエー戦です。ここでも快勝し赤い集団を黙らせて欲しいですね。でもホイッスルがなったらすぐに帰らないといけません。吹田サポみたいに閉じ込められるかも知れません(苦笑)。

投稿: 静岡熊 | 2009年8月 2日 (日) 09:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203713/45801374

この記事へのトラックバック一覧です: 浦和レッズ:

« JAしみず殿 | トップページ | 余計に負けたくない »