« 京都のモリ | トップページ | どうやら »

2008年12月 7日 (日)

後半そっちのけ

凄えな、おらんとこのチーム。矢島、真希そして最後は途中出場の一樹が決めてくれた。

こんなに点が取れるチームだっけ?、このところの得点の多さには驚きを隠せません。
1点先制されれば今日はダメかなと思っていた頃は何だったんでしょうか。JJのような絶対的エースを欠きながら本当に若手が伸びてくれたと思います。みんな我慢したもんねぇ。

結果は5位にまで浮上しました、何とか賞金圏内に入れて私にとっては上出来の部類に入ります。
あの忌まわしい前半戦、こりゃあ残留争いも覚悟せにゃあいかんなと思っていたうちのチーム、このブログでは強がっていましたが実情はドキドキもんでした。

リーグ戦は終わったと言えまだうちには天皇杯が残っています。ナビスコのお返しをすべく元旦は国立で、でもその前にFC東京との準々決勝に勝たにゃん、そのあとのエコパの試合にも勝たにゃん、まだまだ浮かれる事なく応援していきます。でもこういう試合を続けてくれると浮かれちゃうんだよなぁ、という反省、進歩がない親父でした。

昨日はチャットで試合を見守ったんですが前半で2-0、勢いはうちにある、こりゃあ勝つだろう・・・ってこんで後半は他会場との掛け持ちで見守りましたが余りに凄い展開にうちのゲームそっちのけになってしまいました。 

千葉が2点ビハインドになった時はこれで決まったかと思いましたがそこから嘘みたいに1点返しそして同点に、この辺からこの世のものとは思われない展開が、こんなシナリオ誰も書けない。
さらに逆転の3点目、そして4点目・・・絶対にありえない事が起こった。

PCのTVで磐田戦を見ていたが他会場の得点経過でスタジアム、実況共一喜一憂、磐田も1点大宮に決められ絶体絶命、これでヴェルディが追いついて引き分けたら磐田自動降格じゃんなんて思っていましたがヴェルディが追加点取られジエンド、磐田は入れ替え戦にまわりました。

いやぁ~それにしても千葉の試合は痺れました。前に残留争いでは千葉を応援するって書いてましたが余りに凄い展開にビックリするやら嬉しいやら何とも表現できません。
ただ真摯な応援をしていた千葉サポさんを神様が見捨てなかったという事でしょうか。

千葉サポさん、残留おめでとうございます。応援しがいのあった最終戦でしたね。奇跡としか言いようのない展開でしたが奇跡を起したのもサポさん方の頑張りがあったと信じて疑いません。また来年J1の同じ舞台で戦える事を嬉しく思います、でも勝つのは絶対にうちですから。  

森岡選手、お疲れ様でした。引退セレモニー見ました。やっぱ涙が出てしまいましたが何年か先にうちに戻ってきてくれればと思います。

|

« 京都のモリ | トップページ | どうやら »

清水エスパルス」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
千葉は神憑り的でした。後半の30分近くまで0-2、絶体絶命、千葉の命運も尽きたかと誰もが思ったでしょうね。その後歓喜の10分間が訪れるわけですが、千葉に何かが乗り移ったとしか思えません。この試合は千葉サポさんたちには「1206フクダ電子アリーナの奇跡」なんて言われて語り継がれるんでしょうね。
さて、一部のサポさんたちからそっちのけにされてしまったエスパルス、まさに谷底から這い上がっての5位、しかも限りなく国産メンバー、これは天晴れとしか言いようがありません。日本人だけでこれだけやれるんですね、来年もこのメンバーで戦って欲しいです。

投稿: やま | 2008年12月 7日 (日) 20:45

エスパルスは勿論ジェフも

まさに

WE BELIEVEsign01

の勝利ですねgood


投稿: №10 | 2008年12月 8日 (月) 10:35

最終節は残留争いが後半からあまりにもすごくてエスパの動きはたけぞーさんのチャットを見ながらTVはお隣さんの試合と・・・。こんな人事でいられる最終節を迎えられるだなんて前半戦終了のころには思ってもいませんでした。千葉の残留に懸ける想いの強さ、すごいものがありました。それとは逆にお隣さんにはそこまでの気迫は感じられませんでした。自分達が負けるはずがないと思っていたのでしょうか。まあ、お隣さんのことはさておいて家の子達のすばらしいこと。いろいろ愚痴ったりしてごめんなさい。あなた達はすばらしい。来年がとても楽しみです。おばさんに「夢」をありがとう、です。

投稿: 藤パル | 2008年12月 8日 (月) 13:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203713/43342999

この記事へのトラックバック一覧です: 後半そっちのけ:

« 京都のモリ | トップページ | どうやら »