« 両者にとってめでたし | トップページ | 気を引き締めましょう »

2008年11月 7日 (金)

武士の情け

オレンジダービーとか富士山ダービーとかあったけど本家本元のダービーってやっぱ磐田との闘いを示すもの、記憶力の悪くなってきたこの頃でもあん時のダービーはこうだったって思い出すもんなぁ。

そんな静岡ダービーが明日エコパで。両者とも不本意な順位ながらダービーらしく熱い闘いを望みたい、本当は優勝を争うような上位同士での試合であればそのダービーも一味も二味も違うものになるんだろうけど今回はまた違う意味でのダービーとなりました。

さかのぼれば2005年、うちの降格危機に行われたダービー、どうにか引き分けに持ち込み貴重な勝ち点1をゲット。その後残留を決めたがこの勝ち点1はでかかった。
月日が流れその立場は逆転した。磐田もいつまでもゴンや名波らでもないだろうに、まだあの栄光の日々を追っちゃってるのかなぁ~なんて思う。

ここんとこいつも思うんだがダービーに対して両者のサポ、ファン間に温度差があるんじゃないかと。うちは結構ダービーに対して熱くなってると思うが磐田側はどうなんだろう、あんまり特別な試合って感じを受けないんだが・・・私の思い込みでしょうか。

さてタイトルの武士の情けとは残留がかかっている磐田にたいして手心を加えるって話じゃありません。
武士は瀕死の状態の時に武士の情けでとどめを刺してくれと言います。お互いに切磋琢磨してきた両チームですが勝負は非情です。ここでとどめを刺す事になるかもしれないですがそれも運命、引導を渡すならうちのチームが。
それを撥ね返すような意地を見たい気はするがどうなりますか。

|

« 両者にとってめでたし | トップページ | 気を引き締めましょう »

清水エスパルス」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。お隣さんだけには絶対に負けたくない!エスパが瀕死の時の、エスパルスはJFLという段幕。悔しくて悔しくて憎しみさえ抱いたこと忘れません。しっかり勝ってエスパの力を見せ付けて欲しい。少しでも上に行くためにお隣に引導を渡して欲しい。同じ静岡のチームじゃないかとやさしい主人は言うけれど、違う。あそこは違う。それに情けは無用。こちらもそんな余裕ないし相手も家の情けはいらないだろうし・・・。勝つ・・・のみ!

投稿: 藤パル | 2008年11月 7日 (金) 19:31

こんばんは
私なら「武士の情け」と書いて「しみずのなさけ」と読みます。お隣さんはDFの選手に難があるようです。その難のあるDFを執拗に攻め立てる岡ちゃん、原、明日は3-0でエスパルスとみました。エスパルスに負けるのならお隣さんも本望でしょう。
明日は公儀介錯人拝一刀こと清水エスパルスがジュビロ磐田の介錯つかまつる。

投稿: やま | 2008年11月 7日 (金) 20:21

こんばんは。
隣にとっては降格がかかっているのですからダービーでの勝ち点も他の勝ち点も同じ勝ち点でありだからこそダービーだけには関心が薄いのかも知れません。まだまだ隣には返しても返したりない借りがありますが、かと言って情けをかける必要はありません。これまでは相手に合わせる傾向のあったエスパルスですが変わったことを内外に示すためにも隣に引導を渡す必要があります。しかし隣も田中怪我で逆に団結するのは確実であろうし楢崎負傷で代表正GK確実な川口もノリに乗っているでしょうから難しい試合になりそうです。明日は1-0か0-1と考えていますがどうでしょうか?少し遅れる予定ですが明日も選手を後ろから支えたいと思っています。

投稿: 静岡熊 | 2008年11月 8日 (土) 00:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203713/43035347

この記事へのトラックバック一覧です: 武士の情け:

« 両者にとってめでたし | トップページ | 気を引き締めましょう »