« 江戸の横綱より | トップページ | 高木がいます »

2008年10月10日 (金)

夢物語PartⅠ

<<ある家族の夕べ>>

そこの親父さんは代表戦に愛するチームの選手が出るかもしれないというので仕事もそこそこに急いで帰宅したようです。
車を停め家に入ろうとした時に2階から娘さんの声が聞こえてきたといいます。
「ぎやあああぁぁぁ~」
2階へ上がってみると丁度風呂から出てきた娘さんがテレビで代表戦を見ていたそうな。

娘さん:「ぎゃあぁ~、岡ちゃんが先発で出ている」
親父さん:「どこどこ」
おかみさん:「トップ下みたいだよ」
親父さん:「えっ、トップ下?何番、何番?」
娘さん:「24番らしい」
親父さん:「本当に出てるんだぁ~、嘘みたいだなぁ」

その親父さんは腰に手をあてその場に立ちつくしジッと画面に見入ったそうな。

前半終わって
親父さん:「岡ちゃん、交代だろうな」
娘さん:「何人交代できるの?」
おかみさん:「5、6人じゃないだか、監督も試しにたんと使うって言ってたみたいだよ」
娘さん:「じゃあやっぱ交代かもね」

後半開始
親父さん:「むっ、岡ちゃん後半も出るぞ」
娘さん:「和道も出るよ~」

親父さん:「興梠入る、岡ちゃん交代かな」
娘さん:「玉田と交代みたいよ」
親父さん:「助かった」

娘さん:「憲剛が入るみたい」
親父さん:「ボランチだから稲本と交代だと思うけど・・・」

親父さん:「香川が入る、今度こそ交代だ」
親父さん「えっ、俊輔と交代?粘るなぁ岡ちゃん、期待されてるのかねぇ」

親父さん:「巻と佐藤の2枚替えだ、交代だな」

よく82分までやらしてくれたよね、交代があると上記のように一喜一憂でした。

ここ数日岡ちゃんブログと化したこのオレンジ親父ですがまたまた岡ちゃん関連でした。本当に出ちまいました、俊輔や大久保や玉田と一緒にプレーしてる、本当に出てる。
前半13分、シュートがあったけど全体的にスペースが少なく持ち味の裏への飛び出しっていう形は余り見受けられなかったっけ、しかし動きは悪くなかったと思う。

和道も失点場面に出くわしてしまったが右のスペースをケアしようと思って対応が一歩遅れた感じだった、でも和道の所為じゃないよね。

岡ちゃん&和道に注目の試合だったけど目立ったのは興梠だったな、力強さが光ってた。嫌いなチームの選手だけど認めるところは認めなきゃしょんないな。

今まで人事だった代表だけどこれで俄然Wカップ最終予選も期待をもって見られるね、あとは結果が欲しいとこです。

※タイトルをPartⅠにしたのは今後も岡ちゃん&和道に夢をみさせてもらう第一歩ということで、PartⅡ、Ⅲと続きますように。

|

« 江戸の横綱より | トップページ | 高木がいます »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
岡ちゃんスタメン、嬉しかったですね~。
キックオフ前に中村俊輔と話をしてるシーンが映って「!!!」でしたが、試合が始まるとその俊輔から岡ちゃんにいいパスが来ましたね。「俊輔、いい選手じゃん。セルティックでも頑張れよん。」と他の選手までヒイキ目に見えてしまった夕べでした。
自分のところの選手が選ばれた代表戦は、また楽しいですね。

投稿: ならんは | 2008年10月10日 (金) 09:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203713/42740614

この記事へのトラックバック一覧です: 夢物語PartⅠ:

« 江戸の横綱より | トップページ | 高木がいます »