« パルちゃんが | トップページ | 物語があった試合PartⅡ »

2008年10月 4日 (土)

物語があった試合

まだ興奮冷めやらぬ親父でございます。

この興奮を文字で伝えるには余りに文章力、表現力がないのですが気持ちを精一杯文字にしたいと思います。

このブログは酔っ払い妄想ブログでありますが試合前の妄想としてはせいぜい試合に勝つ、一樹が得点する・・・この程度でした。いつも夢の夢の話として3-0くらいで勝つ・・・なんて事も妄想するんですがそれを遥かに上回る5-1、信じられません。

第一章
まずはスタメン発表から。
西沢が故障という事で一樹、岡ちゃんの2トップという事は予想できたんですが右SBにイチに代えて岩下が入ったのにはビックリしました。攻撃的なFC東京に対して守備的にって事だったんでしょうか、結果的にあとでそれが当たる事になるのですが・・・
そして中盤はSHの真希と兵働、うちの子っち応援団としてはやはり真希のミドルに期待でしょう、でもそんなに決まるわけないじゃんねぇ、GKが弾いたコボレ玉に詰めてくれれば・・・
これが試合前でした。

第ニ章(一点目)
いい感じでボールを支配、割合チェックにもいっていたしセカンドも取れていた、良いリズムだなと思っていたらその時が来ました。
(以下オフィシャルから)

【前半20分】エスパルス、左サイドから右サイドへボールが出て山本真希が受けてミドルシュート!これがゴール左に決まって1-0エスパルスリード!!!

「打て、真希!」
前があいていたので思わず声が出ましたが真希が打ってくれました。その弾道は親父の予想を遥かに上回る弧を描き決まってくれました。「よっしゃあああぁぁぁ~~~!」
女房が「そんな大きい声を出すと近所迷惑」でもそんなの関係ねえ。
異次元の才能はその力を発揮してくれました、公式戦初ゴールに続きリーグ戦初ゴールおめでとう!

ああ、ちょっとリキが入っているので疲れました、また続きは後程アップします。

|

« パルちゃんが | トップページ | 物語があった試合PartⅡ »

清水エスパルス」カテゴリの記事

コメント

すごいです!家の子達。願った通り一樹のゴールが見られました。お母さんにゴールを報告したのですね。予想どうり涙が出てしまいました。でもよくわかりません。家の子達は強いのか弱いのか・・・。先制点取れればそれなりになのですが、この前のような事もあるし・・・。でも、みんなひっくるめてエスパなのですね。エスパが可愛くてたまりません。中断期間も幸せな気持ちでいられます。ありがとう。これで残留はほぼきまりですか。

投稿: 藤パル | 2008年10月 4日 (土) 19:47

こんばんは
お疲れ様でした
試合前は2-1くらいで勝てたらいいかな、と思っていましたが蓋を開けたら何と5得点。しかも得点者の名前はすべて漢字。外国人FWがいなくてこれだけ点が取れるのは嬉しいですね。真希、岩下、原、岡ちゃん、そして仕上げは戸田、戸田の恩返し弾はFC東京にとってはキツーイ一撃でした。原のゴールは…何も言うことはありませんね。泣かせるゴールでした。

投稿: やま | 2008年10月 4日 (土) 21:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203713/42682829

この記事へのトラックバック一覧です: 物語があった試合:

« パルちゃんが | トップページ | 物語があった試合PartⅡ »