« 只今帰宅 | トップページ | 2人だけ? »

2007年12月 1日 (土)

来季の姿が

ちょっと垣間見えてしまった試合でしたな。

仕事から帰ってきてみると0-3で完敗との事、またチキンな野郎共だなあ、雰囲気に圧倒されたんだろうなあなどと思って録画を見始めた。
しかし予想に反して前半の前半は決して鹿島に臆せず果敢に攻めていた、どっちかというといつもより余計にボールを回してま~すってな感じ、決して悪くはないと思った。

まだビデオ全部見ていないけど(負けた試合はどうも見る気がせん)スポーツニュースのダイジェスト見るとPKはしょんないにしても本山の2点目が効いた。あのミドル、敵ながら天晴れな(本当は褒めたかないよ~)シュートだった。技術のある選手はあの辺からでも枠内にシュートを打つ、入るはずがないと思っていたら大きな間違い、今まで相手がミスをしてくれて助かった場面が多すぎた。もっと詰めなきゃだめだろう。

マルキに痛い恩返しをされた。DF3人をかわされたプレーにはいささかショック、決めるべき選手が決めるというのはあの事を言うのだろう。

浦和戦は清水KYエスパルスだったが今回はおもいっきり空気を読んでしまったな、残念無念。

それにしてもBSのJリーグタイムのエンディング曲の倖田來未の「奇跡」は今シーズンにピッタリだったな、あんな奇跡としか思えない結末になったのだから。詞:倖田來未

酔っ払いの繰言はまだまだ続く・・・一服

|

« 只今帰宅 | トップページ | 2人だけ? »

清水エスパルス」カテゴリの記事

コメント

連続コメントすみません(T-T)
とりあえず、東京駅で浦和サポとすれ違った時に、ニッコリ笑って心の中で「タイトルは平等にね!」と話しかけておきました。ちょっと溜飲下げましたけど、あまり意味は無いですね。結局、上位3チームはきっちり何がしかのタイトルを取っているのですよね。そう思うと、やはり天皇杯は優勝したいです。ジェジン帰国、フェルももしかしたら帰国でしょう。となると残った選手がどれだけ意地を見せるかですよね。今さらながら、さおりさんの「何かが足りないのだけど、それが何なのかわからない」という言葉がよみがえります。もう何もかも足りないとは思いますが、最後は気持ちなのかな、と。月並みですが。たとえば、今日だって矢島には決定機が2回はあったはずですが、いずれもゴールならず。それどころか枠外。選手からは「次こそ決める!」という気迫を感じません。リーグ戦は1試合1試合の重さを感じにくいかもしれませんが、その1試合の積み重ねが優勝なのです。「今日は負けちゃったな~。次がんばろ」ではダメなのです。それに対して鹿島の選手からは「勝つ!何しても勝つ!」という気迫がありました。はっきり言って大嫌いなチームですが、9連勝は賞賛に値します。毎年優勝を目指しているチームと、ちょっと勝ち点差がついただけで目標を優勝からトップ3へ下げちゃうチームの差が出たと思いました。

投稿: モカ | 2007年12月 2日 (日) 00:30

すみません、何度も。
今、オフィシャルの淳吾コメントを見て、私も泣きそうになりました。ほんと、天皇杯、がんばってほしいです。

投稿: モカ | 2007年12月 2日 (日) 00:44

おはようございます。
昨日はスポーツニュース等の情報を遮断していました。やっぱ最終節を負けるとショックですね。しかも相手は一番嫌いな鹿島で目の前で胴上げですから…。どうもクロスをポンポン上げても、ジェジンがいないせいもあるんだけど点が入りそうな雰囲気ではなかったです。ジェジンの移籍が決定的なようなので、ジェジンに代わる強力なFWが必要だなと感じました。この際天皇杯はオール日本人で行ってみるのも面白いかもしれませんね。

投稿: こうまる | 2007年12月 2日 (日) 08:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203713/17244937

この記事へのトラックバック一覧です: 来季の姿が:

« 只今帰宅 | トップページ | 2人だけ? »