« 今日一日PartⅡ | トップページ | 釜山到着 »

2007年7月10日 (火)

ピーク

ここ2~3日にコメントいただいた なおなおさん、やまさん、ひで。さん、とりさん、ならんはさん、じょんさん、六本木パルズさん、返信できずごめんなさい。

ここんとこちょっと仕事が忙しく(といっても日曜日は休みで日本平に行っちゃったんですが)また日本平での日焼けが予想以上で痛い思いをしておりますので何か気力が湧いてこなかったので返信できませんでした、でも今後は返信できると思います、またコメントしてやって下さい。

さて前回のエントリでも書き込んだんですが枝村と真希が心配です。

枝村の昨シーズンの活躍は周知の通り、実際本当に凄い活躍だった。
テルとのボランチコンビは攻撃陣に負けず劣らず試合の興味を引き出してくれた。守備から攻撃へ、攻撃から守備へ、変幻自在の選手、ポジションだったんではないでしょうか。
今年の枝村はどうでしょう、何か自分のポジションはここでいいの?俺って何すればいいの?なんて思っちゃうほど馴染んでないような気がします。日曜日の練習試合でも何か試合から消えているような浮いているような感じを受けました。
ダイヤのボランチは一人だとすればテル、浩太がいる以上枝村の生きる道はトップ下しかないんでしょうか。上がって行ってナンボの選手だと思うのでトップ下で彼の特長が生きるんでしょうか。でもそこが彼の生きる道だとすればアシスト、得点という結果を出していかなきゃスタメンは厳しいですね。ちなみにレギュラー陣の青山学院との練習試合ではフェルは6点のうち5アシストでした。

山本真希・・・あぁこの名前にどんだけ夢をみたか、期待したか。
まだ高校生の頃、真希の高校の終了時間を考慮して三保での練習開始を3時にしたなんて逸話を聞いて凄いなぁなんて感じたもんです。
一昨年のユース時代にトップデビュー、その頃一部では小野に匹敵する選手なんて話も出てた。各年代の代表でもあったし10番も着けていた。
間違いなくエスパの中心選手になるという事を信じて疑わなかった訳だが・・・
現実は厳しいのか、はたまた伸び悩みなのか。練習試合なんか見てても一時の凄さというか期待度がなくなってきた。本来はドリブラーか、しかし学生相手での練習試合なんかも格の違いを見せ付けるどころか当たり負けしたりボールを取られるのもしばしば、その度にため息をつかなければならなかった。
あの頃がピークだとは思いたくない、まだまだ伸びていってもらわにゃいけない選手です。
地区の先輩であり残念ながら若くして引退した阿部文の想いも背負って頑張って欲しい。

ユース組のこの2人にかける想いはまた格別、今後を見守りたい。

あっ、A代表の試合があったんですね、引き分けたらしいです。その時間は風呂入ってました、あんまり興味なかったので。

|

« 今日一日PartⅡ | トップページ | 釜山到着 »

清水エスパルス」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
今シーズン、ダイヤ型システムの最大の犠牲者が枝村だと思います。昨シーズンは藤本と並んで中盤選手の得点源でしたからね。今年の使われ方を見ると、宝の持ち腐れに見えてしまい残念です。いっそのことフェルをFWにして枝村をトップ下にすれば…と思ったりもしたんですが、そうしたら岡ちゃんかヤジが外れてしまう…難しい問題ですね。
真希はデビュー戦を見たときは「いい新人が出てきたなぁ」とかなり期待しました。ノボリのあとの10番は決まったな。とも思いましたがその後は伸び悩んでいますね。
ここ数年、エスパルスが大卒の新人との契約が目立つのも将来有望といわれている若手の伸び悩みに一因があるのかもしれませんね。

投稿: やま | 2007年7月10日 (火) 21:11

やまさん、コメントどうもです。
中盤は淳吾、兵働、テル、フェルと何となく決まっていますがまだまだ入り込める余地はあると思います。
だけど枝村は何か勿体無いなぁ~という使われ方でしょうか。
淳吾、兵働ファンにはまっこと申し訳ないが花の中盤をテル、浩太、真希、枝村、康平、純平等で埋め尽くした布陣も見てみたいんです。真希~、もっと頑張らないとだちかんぞ。

投稿: オレンジ親父(なりき) | 2007年7月10日 (火) 21:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203713/15710921

この記事へのトラックバック一覧です: ピーク:

« 今日一日PartⅡ | トップページ | 釜山到着 »